NEW

武豊とエアスピネルで「明暗」クッキリ!「2000mは長い」と告げられた陣営はどこへ向かうのか……”迷走”の末「元サヤ」に戻る可能性

【この記事のキーワード】

, ,


 しかし、結果は5着。ルメール騎手の言葉通り、3番手で最後の直線に向いたが思うように伸びず、掲示板を死守するのが精一杯という内容。競馬ぶりは決して悪くないものだっただけに、ますますエアスピネルの勝ち切れない課題が浮き彫りになった形だ。

 それにしても笹田和秀調教師を始めとしたエアスピネル陣営は今後、本馬をどうするつもりなのだろうか。

 武豊騎手を降板させてでも”必勝”を期した札幌記念までは「ここを使って天皇賞・秋(G1)へ」という話だった。だが、レース後にルメール騎手から返ってきた言葉は「少し距離が長い」。つまりは2000mへ「NO」を示したことになる。

 かといって、春に4戦連続で使った上で”見切り”をつけたマイル路線にまた戻るのだろうか……。

「元々、3歳の頃からベスト距離が見えにくい馬でしたが、3000mの菊花賞で3着したように、少なくとも2000mで止まる馬ではありませんでした。今回のレースでも序盤に力んでいたように、忙しいマイルのレースを立て続けに使ったことで、馬がマイル仕様にシフトした可能性はありますね」(競馬記者)

 そうなると秋の目標はマイルCS(G1)になる可能性が高そうだ。しかし、問題は鞍上だろう。元々、ソウルスターリングに騎乗するために天皇賞・秋ではエアスピネルに騎乗できないルメール騎手だったが、マイルCSでもお手馬のイスラボニータに騎乗する可能性が高く、乗れそうにないことに変わりはない。

 そんな状況を受け、ファンの間で期待が高まっているのが武豊騎手とのコンビ再結成だ。今回の降板劇の背景には、武豊騎手が天皇賞・秋でキタサンブラックに騎乗するために本馬に乗れない事情もあった。それがマイルCSならば、解消されるというわけだ。

武豊とエアスピネルで「明暗」クッキリ!「2000mは長い」と告げられた陣営はどこへ向かうのか……”迷走”の末「元サヤ」に戻る可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!