NEW

【キーンランドC(G3)展望】休養明けの実績馬も本格始動!スプリンターズS(G1)へいい形で向かうのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【キーンランドC(G3)展望】休養明けの実績馬も本格始動!スプリンターズS(G1)へいい形で向かうのは?の画像1

 27日(日)に札幌競馬場で行われるキーンランドC(G3)には、G1レースからの休養明けの馬、夏も休まずレースをこなしてきた馬、これまでに重賞勝ちの実績を持つ馬などが出走を予定しており、非常に難解なレースとなりそうだ。強豪ひしめく混戦を制し、スプリント路線での主役となるべく出走を予定している注目馬を紹介する。

 ソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島厩舎)の能力はここでも上位といえるだろう。前走のヴィクトリアマイル(G1)では、久しぶりのマイル戦ながら逃げて5着を確保したようにG1でも通用するスピードを持っており、ベストといえる1200mの舞台では負けられないところだ。昨年の函館スプリントS(G3)では圧巻のレコード勝ち、キーンランドC(G3)でも0.3秒差の4着と洋芝でのレース成績にも安定感がある。得意な条件が揃ったこのレースならば、久しぶりの重賞勝ちも十分可能なはずだ。このレースの後はスプリンターズS(G1)への出走を予定している。昨年は惜しくも3着に敗れてしまったが、同じローテーションで挑む今年こそは最高の結果を残せるよう、ここでいい走りを見せたいところ。

 休養明けとなるナックビーナス(牡4、美浦・杉浦厩舎)も有力馬の1頭だ。前走の高松宮記念(G1)では9着に敗れているが、2走前のオーシャンS(G3)では2着の実績があり、G3のレースなら勝ち負けを争えるだけの力はあるだろう。昨年冬からの1200m戦での成績は、高松宮記念(G1)を除けば1勝2着2回と充実ぶりを感じさせる戦績を残している。能力的には引けを取らない馬だけに、前走の敗北で注目度が下がるようなら面白い存在となるかもしれない。昨年は僅差の5着と好走したレースで重賞初制覇を飾ることはできるだろうか。

 夏場のレースで好調なのがイッテツ(牡5、美浦・斎藤厩舎)だ。前走のUHB賞(OP)ではOPクラスのレースで初勝利を上げて勢いに乗っており注目しなければならない1頭である。逃げる競馬、好位で控える競馬ができる器用な馬で展開に合わせられる自在性が最大の武器といえるだろう。今年に入ってからはOPクラスではなかなか良いレースができない時期もあったが、北海道でのレース成績は重賞で5着、前走では勝利とこれまでの不調が嘘のような成績を残している。好調の要因を考えてみると、やはり芝の違いという結論になるのだろう。実際、札幌競馬場でのレースでは距離に関係なく馬券圏内を外したことが1度もないほどの洋芝巧者だ。これほど適性が高いコースならば有力馬達を差し置いての勝利も十分にあり得るはずだ。

【キーンランドC(G3)展望】休養明けの実績馬も本格始動!スプリンターズS(G1)へいい形で向かうのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!