NEW

警察庁「国民の声」ガン無視!? パチンコ「もうけ5万円以下」規制決定に怒りの声続出!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

 警察庁は24日、ギャンブル依存症対策として発表していたパチンコ出玉規制の強化を決定。来年2月1日から施行し、経過措置期間を3年間設けることになった。

 今回の規制は、出玉性能の抑制が最大の特徴だ。出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限は”5万円以下”に制限。もうけの上限を引き下げ「負けを取り戻そう」という思いを抑制することが狙いとなっている。

 現行の基準で認定を受けた機種は、最大3年間は設置することが可能。しかし2021年までには、規制に基づいた機種に入れ替えなければならない。ネット上で「本格的に終わった」との反応が見られるように、多くのユーザーが厳しい内容だと受け止めているようだ。

 ただ同時に不満の声も聞こえてくる。警察庁は今回の規制に関し、広く国民からの意見を募っていた。合計で1万4838件の意見が寄せられたと発表されている。その内容は賛否両論だったようだが、パチンコに対する様々な考えが届けられたと言えるだろう。

警察庁「国民の声」ガン無視!? パチンコ「もうけ5万円以下」規制決定に怒りの声続出!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!