NEW

札幌2歳S(G3)の超ハイレベル「3強」対決に注目 ジャングルポケットとテイエムオーシャンが激突し、翌年のJRA賞を独占した伝説の再現なるか

 6日に新潟で行われたデビュー戦で、単勝1.9倍という圧倒的な人気に推されたロックディスタウンは、中団やや前でレースを進めると、最後の直線では驚異的な瞬発力を披露。外から他馬に被せられ前を塞がれる厳しい展開だったが、鞍上のC.ルメール騎手がまったく慌てていないのは、この馬の手応えが抜けていたからだろう。

 結局、進路が開いたのは残り200m手前。だが、そこからゴーサインを受けたロックディスタウンはあっという間に先頭集団を捉え、最後は流したままゴールした。

 超スローペースからの瞬発力勝負となったこのレース。レースの上がり自体が32.8秒という2歳戦離れした追い比べとなる中、本馬は最速となる32.5秒で突き抜けている。半姉にファンタジーS(G3)のタガノエリザベート、クイーンC(G3)のキャットコインがおり、牝馬が早くから結果を残す血筋。叔父には2004年の年度代表馬ゼンノロブロイがいる良血だ。

「今週の札幌2歳Sにはクリノクーニングとロックディスタウンのオルフェーヴル産駒2頭に加え、新馬戦でクリノクーニングが負かしたカレンシリエージョも出走することから、例年にないハイレベルな戦いが期待できそうです。

 思い出されるのはジャングルポケット、タガノテイオー、テイエムオーシャンで決まった2000年の札幌2歳Sですね。当時のレコードで決着しましたが、あの時もジャングルポケットとタガノテイオーがデビュー戦で激突する数奇な出来事があっての戦いでした」(競馬記者)

札幌2歳S(G3)の超ハイレベル「3強」対決に注目 ジャングルポケットとテイエムオーシャンが激突し、翌年のJRA賞を独占した伝説の再現なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!