NEW

藤田菜七子騎手JRA史上初の快挙へ「頑張りたい」 史上最大のチャンスとなる小倉2歳S(G3)挑戦は抜群のスタートから主導権握る?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤田菜七子騎手JRA史上初の快挙へ「頑張りたい」 史上最大のチャンスとなる小倉2歳S(G3)挑戦は抜群のスタートから主導権握る?の画像1

 27日、新潟の最終レースを勝ち、JRAの女性騎手としては増沢由貴子騎手以来、20年ぶりの年間二桁勝利にリーチを掛けた藤田菜七子騎手は「来週は小倉でも競馬に乗るので、頑張りたい」と、早くも今週の競馬を睨んだ。

 それもそのはずだ。『スポーツ報知』の取材に「チャンスはある」と語っているように、自らの手で初勝利を上げたフローラルシトラス(牝2歳、美浦・武井亮厩舎)と挑戦する来月3日の小倉2歳S(G3)は、どちらかといえば参加することに意義があっただけの、これまでの重賞挑戦とはまったく意味合いが異なっている。

 JRAにとっては16年ぶりの女性騎手誕生となった昨年のデビュー以来、これで通算4度目となる重賞挑戦。モウカッテルと挑んだスプリングS(G2)は、デビューからわずか3週間足らずでの重賞初挑戦となった。まだJRAで初勝利すら上げておらず、話題先行の感はどうしても否めなかった。

 単勝は11頭中8番人気の55.3倍だったが、9着に沈んだ前走の弥生賞(G2)が321.6倍だったことを考慮すれば”菜七子人気”は明らかだった。結果は9着。「重賞はやっぱり同じレースといえ、違う雰囲気でした」と結果よりも経験を積むことが重視された起用だった。

 藤田菜七子騎手にとって2度目の重賞となる昨年の目黒記念(G2)、3度目の今年のダイヤモンドS(G3)は共にサイモントルナーレとのコンビでの挑戦となった。

 単勝は76.5倍と154.8倍。ただ、それでもそれぞれの前走が388.9倍、700.9倍だったことを考慮すると、到底勝ち目のない戦いだったことは明らかだ。それぞれ13着と14着に敗れたが、共に後方から伸びずという形で、せっかくの重賞挑戦もレースに参加することさえできないといった印象を受けた。

 しかし、今回の小倉2歳Sへの挑戦は、どちらかといえば参加することに意義があった過去3回の重賞挑戦とは明らかに違う。コンビを組むフローラルシトラスは、間違いなくチャンスのある馬の中の1頭だ。

藤田菜七子騎手JRA史上初の快挙へ「頑張りたい」 史上最大のチャンスとなる小倉2歳S(G3)挑戦は抜群のスタートから主導権握る?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!