NEW

JRA札幌記念「G1格上げ」は不可能に!? 札幌馬主の溜息が聞こえる……波乱の結果で遠のいた可能性、恨み節は直前回避のネオリアリズムへ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sapporo.jpg

 札幌馬主協会に所属する馬主たちの悲鳴が聞こえてきそうなレースだった。

 先日行われた第53回札幌記念(G2)は人気薄のサクラアンプルールやナリタハリケーンなどが上位に入る波乱の結果となった。

 札幌記念は、長らく北海道唯一のG1レースへの格上げを目指していると言われている。

 G1レースへの格上げとなるにはいくつかの条件がある。まずは「直近3年のレースレーティングの平均が115以上」そして「直近年のレースレーティング115以上」という定義がある。このレーティングは1着から4着に入線した上位4頭の最終的な年間レーティングの平均で、2014~2016年の直近3年のレースレーティングは平均116.3と第一の条件はクリア。特にネオリアリズム、モーリス、レインボーラインの3頭が上位となった昨年の118.75というレーティングが大きかった。

 問題は今年の結果である。今年の札幌記念上位4頭はサクラアンプルール、ナリタハリケーン、ヤマカツエース、サウンズオブアースと、レース前は4頭中3頭が重賞未勝利だった。このままではかなり厳しいレーティングが予想されるため、この4頭が年末までにどれだけ実績をあげることができるかどうかがポイントとなる。

JRA札幌記念「G1格上げ」は不可能に!? 札幌馬主の溜息が聞こえる……波乱の結果で遠のいた可能性、恨み節は直前回避のネオリアリズムへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!