NEW

武豊騎手のWASJ「神騎乗」に絶賛の嵐! 名手アンカツが引退まで追い続けた「騎手の極意」を”体現”した大胆騎乗に驚愕

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手のWASJ「神騎乗」に絶賛の嵐! 名手アンカツが引退まで追い続けた「騎手の極意」を体現した大胆騎乗に驚愕の画像1

 E.ダシルヴァ騎手がカナダNo.1騎手の実力を見せつけ、見事優勝を果たした今年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)。JRA勢としては初日を首位で終えた戸崎圭太騎手と、福永祐一騎手が同点2位と存在感を示した。また、注目のJ.モレイラ騎手も総合4位と、その技術の高さを発揮。札幌競馬場に詰めかけた多くのファンが、世界一流の騎乗に拍手を送った。

 そんな中、最も悔しい思いをしたのは、悲願のWASJ初優勝を狙っていた武豊騎手ではないだろうか。

 開催時期の変更に伴いワールドスーパージョッキーズシリーズから、今のワールドオールスタージョッキーズに替わったのが2015年。今年で3年目となるWASJだが、武豊騎手は一昨年、昨年も総合2位と、あと一歩のところで栄冠を逃してきた。

 今年の総合5位は、一見すると過去2年ほど惜しい成績ではないが、武豊騎手は自身の公式HP上の日記で『ワールドオールスタージョッキーズ 』と銘打ち「最終戦はイチかバチかの直線勝負にかけてみました。展開や流れが見事にハマったんですが、結果はハナ差の2着。あれがもし入れ替わっていればボクが優勝していたとあとで聞いて、急に悔しくなってきました」と心情を綴っている。

「武豊騎手はWASJの第4戦でハナ差の2着という惜しい競馬をしましたが、ポイント上位陣が軒並み下位に沈んだため、交わしていれば優勝という状況でした。

 初日をわずか2ポイントで終え、第3戦は頼みのA評価でしたが2着。第4戦はD評価ということもあって万事休すかと思われたんですが、思い切った後方待機策を試みると、13番人気だったギブアンドテイクが激走。観客を大いに沸かせましたが、最後はわずかに届かず。本当に惜しいハナ差でした」(競馬記者)

 さらに武豊騎手は「優勝賞金は300万円。G2格の重賞勝ちの進上金ですから、実に大きなハナ差でした」と悔しさを露にしている。レース直後は気付いていなかったようだが、関係者に話を聞いて、後からじわじわ悔しくなってしまったようだ。

武豊騎手のWASJ「神騎乗」に絶賛の嵐! 名手アンカツが引退まで追い続けた「騎手の極意」を”体現”した大胆騎乗に驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!