NEW

エアスピネルの「次走」がスワンS(G2)参戦濃厚! マイル界の頂点に向け、初の1400m戦が及ぼす「危険性」と武豊騎手との「コンビ復活」は?

【この記事のキーワード】, ,

「5着に敗れた春の安田記念がやや脚を余した競馬だったので、陣営からすれば本当にマイル路線で頂点に立てないのかは、もう少し様子を見たいということなのでしょうね。元々、札幌記念からスワンS翌日の天皇賞・秋(G1)、その後にマイルCSが予定されていただけに、ローテーション的には大きな変更ではありません。

しかし、問題は『1400mの競馬』を使うことですね。エアスピネルにとって1400mは初ですが、スワンSとなると一流のスプリンターも参戦してくるので、マイル戦とはテンからのスピードがまったく異なってくるケースもあります。

その上で懸念されるのは、エアスピネルが1400mの競馬を経験してしまうことですね。特に本馬は先行脚質的にもスタートからある程度、出して行かなければなりません。一度、1400mでそれをやってしまうと、今の掛かり癖はもっと酷くなる可能性もありますよ。

札幌記念では道中で掛かりましたが、マイル戦を連続して使っていた事実もあり『もう一度2000m以上を試しても良いのでは』という声もありました。

しかし、おそらくスワンSを使うと、以後は2000m以上での活躍はかなり難しくなるでしょうね。極端にいえば、この選択はエアスピネルにとって”片道切符”になると思います。1400mはマイル戦よりも遥かにスプリント色が強いですから。今後を占う上で、スワンS参戦の意味するところは大きいと思いますよ」(競馬記者)

 確かに、ここ数年の勝ち馬を振り返ってもアルビアーノ、ミッキーアイル、コパノリチャードといったところは、スワンSで初の1400m重賞を経験し、以後はスプリント色を強めている。スワンSでエアスピネルが勝てるのかはわからないが、それでも短い距離への適性に傾くことは間違いないだろう。

 ただ、その上で気になるのは、やはり鞍上問題だ。以前は天皇賞・秋でルメール騎手がソウルスターリングに騎乗するために、札幌記念はあくまで代役という形だった。しかし、スワンSに替わったことで、ルメール騎手が継続して騎乗できる可能性はある。

 しかし、このフランス人騎手は富士S(G3)でイスラボニータに騎乗が予定されているように、本馬でのマイルCS参戦が有力だ。そう考えるとスワンSでルメール騎手に騎乗してもらう意味はあまりないように思える。できることなら、本番にも乗れる騎手で挑みたいところだろう。

エアスピネルの「次走」がスワンS(G2)参戦濃厚! マイル界の頂点に向け、初の1400m戦が及ぼす「危険性」と武豊騎手との「コンビ復活」は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  7. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく