NEW

エアスピネルの「次走」がスワンS(G2)参戦濃厚! マイル界の頂点に向け、初の1400m戦が及ぼす「危険性」と武豊騎手との「コンビ復活」は?

【この記事のキーワード】

, ,


 そうなると、やはり”元サヤ”の武豊騎手が浮上するのだろうか。

 札幌記念で武豊騎手が降板となった背景には、天皇賞・秋でキタサンブラックに騎乗することが決まっていたことも大きな理由の一つだった。しかし、エアスピネルが天皇賞・秋に出走しない今、その問題は解消されている状況だ。

「武騎手のマイル路線のお手馬は、エアスピネルが一番手だっただけに可能性はあります。ただ、スワンSはスプリンターの参戦もあるだけに、例えば先日の北九州記念(G3)を武豊騎手で勝って、スプリンターズS(G1)が予定されているダイアナヘイローが参戦する可能性もありますよ。いずれにせよ、早めに鞍上を確保しておきたいところでしょうね」(同)

 エアスピネルと武豊騎手は母エアメサイアの時からの縁だが、札幌記念の一件で”ケチ”がついてしまったことは確かだ。果たして、コンビ復活はあるのだろうか。

エアスピネルの「次走」がスワンS(G2)参戦濃厚! マイル界の頂点に向け、初の1400m戦が及ぼす「危険性」と武豊騎手との「コンビ復活」は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!