NEW

パチンコ完全撤去への動き?「特殊景品」買い取りパチンコ店代表「逮捕」が与える影響とは……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

 ついにパチンコ完全撤去へ向けて動き出した? 福岡県で起きた「ある事件」が大きな話題となっているようだ。

 福岡県のパチンコ店を経営する会社代表取締役の男が、風営法違反(自家買いの禁止)容疑で逮捕されたと「西日本新聞」が報じ注目を集めている。

 客が店で獲得したメダルと引き替えに提供した「特殊景品」を、同店敷地内に設置した「賞品買取所」で従業員を使って買い取った疑いが持たれている。

 この報道に「賭博って認めたってこと?」「ようやく換金を取り締まるのか」との声が続出。パチンコ完全撤去へ向けて、動き出したと捉えた方が多いようだが……。

「パチンコは風営法で取り締まられており、特別法で認められた公営ギャンブルではありません。従って現金を賞品として提供することは禁止されています。しかし出玉を”特殊景品”と交換し、それをパチンコ店とは違う独立した交換所(古物商)で『買い取ってもらう』ことは可能です。

パチンコ完全撤去への動き?「特殊景品」買い取りパチンコ店代表「逮捕」が与える影響とは……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!