NEW

ある日突然馴染みのパチンコ店が倒産したら「貯玉」はどうなる?あまり知られていない「救済」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 度重なる規制で、店舗の減少が止まらないパチンコ業界。遊技場店舗数、遊技台数一覧表(警察庁発表)によると、平成27年度全国ホール店舗数は、11,310店舗、翌年の平成28年度では10,986店舗と一年間で「324店」も減少。ほぼ1日に1店舗倒産している計算だ。最盛期の1995年度は約18200店舗あり、近年の店舗数と比べると約40%も減少。まさに斜陽産業といえるだろう。

 さらに来月から始まる3000枚規制「5.9号機」の開始、そして規則改正により来年2月から施工される「6号機」に伴い、さらなるホールの減少が懸念される。

 そんな不安定な業界だが、もし貯玉したまま、パチンコ店が倒産してしまった場合、その貯玉分はどうなるかご存知だろうか?

 パチンコ店では、現金で「玉・メダル」を貸し出し遊技するのが基本だが「貯玉」を用いて遊技することもできる。貯玉とは、当日中に玉・メダルを景品に交換せず、店に預けられるサービスだ。メリットとしては、交換ギャップを気にせず、後日再プレイ出来るのが最大の魅力だ。

 ただ、ユーザーの中には行きつけのパチンコ店で「貯玉」したまま、その店がある日突然倒産したことを知らず、そのまま泣き寝入りした人もいるかもしれない。

ある日突然馴染みのパチンコ店が倒産したら「貯玉」はどうなる?あまり知られていない「救済」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!