NEW

セントライト記念(G2)キタサンブラックと経歴ダブるクリンチャーに危険信号!? ソウルスターリングら最強3歳牝馬が産み出した性別間格差と【菊花賞離れ】のスキマを突くローテ戦略

kurincha-.jpgクリンチャー(競馬つらつらより)

「乗り込みはしているけど、まだ動きが本来の感じではなくて、体つきにも余裕がある。使って良くなるタイプでもあるし」

 担当する長谷川助手は東スポの取材に対してそう語った。コメントがすべてではないとはいえ、有力馬の現状に関する率直な発言と捉えるのが賢明かもしれない…。

 春クラシックの第1弾・皐月賞で13番人気ながら見せ場たっぷりの4着と健闘したクリンチャー(牡3、栗東・宮本博厩舎)。続くダービーは馬群に包まれて自分の競馬ができず大敗を喫したものの、最後の1冠を奪取するべく、休養を挟んでトライアルのセントライト記念(G2)に参戦する。

 関西馬ながら来週の神戸新聞杯ではなく、あえて長距離輸送をしてまで関東に遠征する理由は、やはり舞台適正という面が大きい。中山2200mと類似点の多い阪神2200mのすみれS(OP)を圧勝しているほか、しぶとさを生かした先行粘りこみのレースぶりはいかにもセントライト記念向き。また皐月賞善戦→ダービー惨敗という経歴は、現役最強馬キタサンブラックとダブる点もある。陣営としても適性を考慮した上で判断を下したのだろう。

 ただし、わざわざ遠征を行うにしては、先ほどのコメントのように状態面は万全ではないのかもしれない。栗東CWで行われた最終追いでは6F81秒1という悪くない時計を記録してはいるものの、長谷川助手の言葉にもあるように、どちらかといえば叩き良化型であり、長期休養明けの今回は不安があるのも事実だ。

 陣営コメント、馬自身の特徴に加えて、クリンチャーの好走が怪しまれる原因がもうひとつある。

セントライト記念(G2)キタサンブラックと経歴ダブるクリンチャーに危険信号!? ソウルスターリングら最強3歳牝馬が産み出した性別間格差と【菊花賞離れ】のスキマを突くローテ戦略のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!