NEW

2歳「608kg」の巨漢がJRA最高記録を達成! 規格外の”スケール”を持つハギノグランデが「あと32kg足りない」理由

【この記事のキーワード】, ,
2歳「608kg」の巨漢がJRA最高記録を達成! 規格外のスケールを持つハギノグランデが「あと32kg足りない」理由の画像1

 150年を超える近代競馬の歴史。そこには当然ながら様々な「記録」が存在する。

 例えば競走馬の歴代賞金王は、2000年に8連勝でグランドスラムを達成し「世紀末覇王」と称されたテイエムオペラオー。18億3518万円を稼ぎ出し、未だ賞金王の座に君臨し続けている。

 騎手の方では、やはり競馬界のレジェンド武豊騎手が数々の記録を保持している。通算最多勝利3923勝はもちろん、重賞318勝(いずれも9月17日現在)、年間最多獲得賞金44億1404万2000円など、その記録を並べれば枚挙に暇がないほどだ。

 そういった中、先週18日の阪神競馬で「2歳最高馬体重」の新記録が生まれた。デビュー戦を迎えたハギノグランデ(牡2歳、栗東・松田国英厩舎)が「608kg」で出走を果たしたのだ。

 デカい…あまりにもデカい。

 それもそのはずである。この日の6レース、2歳新馬戦に出走した馬たちは460kg、480kg、462kgと軒並み400kg台の普通の馬である。しかし、そのすぐ隣には600kgを超える巨漢馬が……。見た目でも、すぐに特定できてしまうほど”規格外”の大きさだ。

 大きな馬には、それだけでロマンがある。諸説様々ながら例えば、「天下無双のカブキ者」と評される前田慶次の愛馬・松風。中国三国志一の豪傑・呂布奉先が乗りこなした赤兎馬。はたまた『北斗の拳』のラオウの足となった黒王号など、圧倒的な巨漢馬にはその存在だけで、男心をくすぐる様な魅力があるのだ。

 果たして、このハギノグランデも伝説に語り継がれている巨漢馬たちのように、圧倒的な力を見せつけるのか……そんな淡い期待を持っていたものの、残念ながら競馬のレースは「力」ではなく「速さ」を競うものであることを失念していた。

2歳「608kg」の巨漢がJRA最高記録を達成! 規格外の”スケール”を持つハギノグランデが「あと32kg足りない」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とは
  3. JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞V
  4. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感
  5. 「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?
  7. JRA 愛知杯(G3)「神騎乗」武豊に絶賛の嵐!? レジェンドの進路取りにファン称賛も「別角度」元JRA安藤勝己氏が着目したポイントとは
  8. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  9. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  10. JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に