NEW

元JRA藤田伸二氏「地方騎手不合格」もまさかの賛辞? 後藤浩輝騎手自殺の「岩田批判」や「JRA非難本」の影響は大きい?

【この記事のキーワード】, ,
元JRA藤田伸二氏「地方騎手不合格」もまさかの賛辞? 後藤浩輝騎手自殺の「岩田批判」や「JRA非難本」の影響は大きい?の画像1

 元JRAジョッキーの藤田伸二氏が、地方騎手免許1次試験を通過できなかったことが25日に明らかになった。ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指し、15日には筆記試験を受けていたのだが……。

 藤田氏は今年3月に「地方騎手試験受験」の情報が流れ、本人もそれを認める。その後は勉強の日々を送っていたようだが、結果は得られなかったようだ。「今年だけの一発勝負」と今回限りの受験であることも明かしており、これで本当の「引退」を迎えることとなる。藤田氏は「今回このような結果になってしまい申し訳ありません、応援していただいたファンのみなさま、ありがとう」と自身の公式サイトでコメントを寄せた。

 かつてJRAのトップ騎手として名を馳せた「漢・藤田」を再び、今度は地方競馬で見られるかもしれない……多くのファンの胸は躍ったはずである。だからこそ、今回の不合格は残念だ。また地方交流競走などで武豊騎手らJRA勢と激突するところが見たかった。

 ただ一方、不合格を出したホッカイドウ競馬に対し「称賛」の声も。

「話題性や人気面からしても、藤田氏がホッカイドウ競馬に来れば大きな注目を集め、観客動員につながったのは間違いありません。一部では『無条件合格ではないか』という声もありましたし、そうなっても不思議ではない存在ですからね。しっかり筆記試験で『×』を出したのは立派、なんて意見はありますよ」(記者)

 もともと「正直、もうちょっと時間があっても良かったと思う」と自信なさげだった藤田氏だけに、この不合格にも納得なのかもしれない。

元JRA藤田伸二氏「地方騎手不合格」もまさかの賛辞? 後藤浩輝騎手自殺の「岩田批判」や「JRA非難本」の影響は大きい?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?