NEW

最近は馬主のほうが目立つが……スプリンターズS(G1)で春王者セイウンコウセイ「前走度外視」の強み?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近は馬主のほうが目立つが......スプリンターズS(G1)で春王者セイウンコウセイ「前走度外視」の強み?の画像1セイウンコウセイ(JBISサーチ公式サイトより)

 秋G1の開幕を告げるスプリンターズS(G1)。レッドファルクスにダイアナヘイロー、ビッグアーサーなど王者の資質に足る存在が多く参戦する模様だが、「春の王者」はセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原厩舎)だった。

 セイウンコウセイは今年初戦の淀短距離S(OP)を勝利すると、シルクロードS(G3)を2着して高松宮記念(G1)へ。5番人気だったが、稍重馬場を味方につけ、1・1/4差の完勝で初重賞制覇をG1で達成。昨年の渡月橋S(1600万下)でも重馬場で勝利しており、道悪巧者として一気に頂点へ駆け上がった。

 ただ、前走の函館SS(G3)では、2番手を追走し最後は失速の4着。王者としてはややその光に影が差す結果となってしまったことは事実だろう。群雄割拠のスプリント界を考えれば、「秋はまた別の王者が出る」と思ったファンも多かったのではないだろうか。

 ただ、レースを振り返ると、この時の環境がいかに「異常」だったかがよく理解できる。

「函館SSは夏の函館開幕週だったわけですが、500万下の芝2600mと1000万下の芝1200mでいきなりレコードが飛び出すなど、洋芝の函館では信じがたい高速馬場になり、大きな騒ぎとなりました。

セイウンコウセイに関しても、速すぎる馬場で逃げるシュウジの2番手を追走しましたが、前半32.2ではさすがに持たずに敗退となっています。今週の中山がどんな馬場状態になるのかははっきりしませんが、ここまで極端になることは稀でしょう。まさに”度外視”といえる前走内容ですね」(同)

最近は馬主のほうが目立つが……スプリンターズS(G1)で春王者セイウンコウセイ「前走度外視」の強み?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!