NEW

パチンコ業界「超やっつけ仕事」に怒号? 今年最低の「適合率」更新の裏に隠れた「事情」に驚愕!?

【この記事のキーワード】

, ,


「一部ユーザーから『適合させるためのスペックはやめて欲しい』という意見も出ています。確かにもし間に合わせるための”やっつけ”と感じてしまうスペックでは支持を得られないでしょうからね。パチスロ5.5号機でも言われていましたが、間に合わせることが目的の機種では難しいと思います。コンテンツの力だけで成功できる時代ではありませんからね。

 例えば10月の新台にも厳しい意見が出ています。特にDaiichiさんから出る『CR哲也 玄人の頂へ』は話題になっているようです。右打ち中の大当たりの62%が2400発以上となっている点や、高い破壊力を生み出す2つのアタッカー性能を称賛するユーザーは多いですし楽しみな新台ですよね。

 しかしスペックに関して『劣化した北斗7では?』との声が上がっているようです。人気のあるコンテンツだけになおさらでしょうが、その点を残念に思っているユーザーは多いですね。今後リリースされる新台にも同様のことが言えるのではないでしょうか。ユーザーが『まともな新台が出ない』と感じてしまう状況だけは避けてほしいですね」(同)

 出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を”5万円以下”に制限されるパチンコ業界。2月までに1つでも多くの新台が求められていることは当然だ。

 ただリリースが期待されるビッグコンテンツであっても「間に合わせるために妥協したのでは?」と感じられる仕上がりでは成功を収めることは厳しいだろう。そのように思われるようなスペックではない新台がリリースされることを信じたいものだ。

パチンコ業界「超やっつけ仕事」に怒号? 今年最低の「適合率」更新の裏に隠れた「事情」に驚愕!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!