NEW

デムーロ騎手「肘打ち」の次は「奇声」で川田騎手を脅す!? ルメール騎手も交えて神戸新聞杯(G2)の”舞台裏”を暴露

デムーロ騎手「肘打ち」の次は「奇声」で川田騎手を脅す!? ルメール騎手も交えて神戸新聞杯(G2)の舞台裏を暴露の画像1

 24日に阪神競馬場で行われた『ジョッキーフェスティバル2017』。レース終了後の開催にもかかわらず、数多くのファンが残って大きな盛り上がりを見せたが、その開幕を飾ったのがC.ルメール騎手、M.デムーロ騎手、川田将雅騎手の3人による神戸新聞杯(G2)の回顧だった。

 この日、阪神競馬のメインレースとして行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯。今回は、その勝ち馬レイデオロのルメール騎手と、2着馬キセキのデムーロ騎手、3着馬サトノアーサーの川田騎手という豪華メンバーがレースを振り返った。

 阪神外回りの芝2400mを14頭立てで行われたレース。スタートはあまり大きな出遅れもなく揃ったが、その中でも意外だったのが単勝2.2倍の1番人気に支持されていたダービー馬レイデオロの位置取りだ。

 ここまで、あまりにもペースが遅かったデビュー戦を除けば前走の日本ダービー(G1)も含め、すべて後方からの競馬に徹してきたレイデオロ。しかし、この日はなんと4番手から積極的な競馬を試みている。「何か作戦があったのか」司会の中野雷太アナから質問されたルメール騎手だったが、答えは意外なものだった。

「私もびっくりしました。普通はスタートが遅い馬ですが、今回は休み明けで馬がフレッシュな状態だったこともあって、すごく走りたがっていた。それですぐに良いポジションを取ることができました」

 今回は好位から楽に抜け出すという、これまで以上に万全の競馬。出走が予定されているジャパンC(G1)でも「これなら」と思える内容だった。だが、ルメール騎手のコメントからすると、抜群のスタートは休み明けならではのようだ。ジャパンCでも、あの好位からの競馬ができると鵜呑みにするのは早計ということなのだろう。

 その一方で、同じく意外な一面を見せたのが、川田騎手が騎乗していたサトノアーサーだった。

デムーロ騎手「肘打ち」の次は「奇声」で川田騎手を脅す!? ルメール騎手も交えて神戸新聞杯(G2)の”舞台裏”を暴露のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!