NEW

武豊がいないとショボすぎ!? 菊花賞出走馬が地味すぎて膨らむ「ダンビュライト待望論」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊がいないとショボすぎ!? 菊花賞出走馬が地味すぎて膨らむ「ダンビュライト待望論」の画像1

 クラシック戦線で武豊騎手が主戦を務めるダンビュライト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)が菊花賞(G1)へ向かう意向があると「スポニチ」が伝えた。

 早くからダンビュライト陣営は秋のローテーションでクラシック最後の一冠である菊を狙うと公言していた。そのため、この発表にはなにも不思議はない。だが、問題になるのは同馬の獲得賞金額だ。

「ダンビュライトは評価こそされているものの、デビュー戦以来勝ち星がありません。2歳秋のサウジアラビアRC(G3)2着で上積みした本賞金で日本ダービー(G1)まで進めました。しかし、その金額は1050万円。夏の1000万下を勝ち上がってきた馬(1500万円)よりも下になります。神戸新聞杯(G2)で優先出走権がとれなかったのは非常に痛いですね」(記者)

 神戸新聞杯前に行われた調教でダンビュライトは好タイム連発するなど万全の仕上がり。見守った音無秀孝調教師も「大人っぽくなった」と本格化に手応えを感じていた。だが結果は4着に終わり、鞍上を務めた武豊騎手はレース後に「やりたいレースは出来ました」と振り返ったものの、「上位馬相手には完敗でした」と悔しさをにじませた。

 菊花賞には皐月賞馬アルアインやセントライト記念(G2)を制したミッキースワロー、ブレスジャーニーが出走を予定。さらに神戸新聞杯に出走した馬もそのまま向かうのが既定路線だ。また今夏、芝1800m以上の1000万下を勝ちあがったポポカテペトル、トリコロールブルーらが出走を表明している。

武豊がいないとショボすぎ!? 菊花賞出走馬が地味すぎて膨らむ「ダンビュライト待望論」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!