NEW

【シリウスS(G3)展望】ダート路線での飛躍を目指す!暮れのチャンピオンズC(G1)に名乗りを上げるのは!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【シリウスS(G3)展望】ダート路線での飛躍を目指す!暮れのチャンピオンズC(G1)に名乗りを上げるのは!?の画像1

 秋競馬が開幕したが、中央競馬でのダート重賞はこのシリウスS(G3)が秋の初戦となる。27日(水)には地方重賞の日本テレビ盃(G2)の開催もあるため絶対的な存在が不在となりがちレースだが、ここで確実に賞金加算することができれば今後に大きな意味を持ってきそうだ。そんなシリウスS(G3)への出走を予定している注目馬を紹介する。

 アンタレスS(G3)以来のレースとなるモルトベーネ(牡5、栗東・松永(昌)厩舎)だが秋の始動戦でどのようなパフォーマンスを発揮できるだろうか。今年に入ってからは調子の良さが目立っており、東海S(G2)では12番人気ながら2着といい意味で周囲の期待を裏切る活躍を見せた。その後はアルデバランS(OP)1着、名古屋大賞典(G3)4着、アンタレスS(G3)で重賞初勝利を飾るなど、安定した成績を残している。前走で負かしたロンドンタウンがその後にエルムS(G3)、コリアC(G1)と重賞を連勝したことを考えれば、この馬の能力もかなり高いレベルにありそうだ。今回は休養明けのレースでどの程度の仕上がりにしてくるのか気になるところではあるが、ダート路線の有力馬の多くが不在となりそうなここで簡単には負けられないだろう。暮れの主役になるためにも結果を残さなければならないレースとなりそう。

 順調に使われながら2連勝中のミツバ(牡5、栗東・加用厩舎)も上位争いの一角を担うだろう。前走のマーキュリーC(G3)で重賞初制覇を達成した勢いで、3連勝での重賞連勝を狙う。以前までは後方からの追い込み一手であったが、最近では逃げや中団からの競馬など今までとは違うレース運びをできるようになった。昨年は斤量が軽いこともあって4着と好走した相性のいい舞台だが、今年はそれなりの斤量を背負うことになりそう。何とかハンデを克服して実力を見せて欲しいところ。

 重賞制覇を目指すピオネロ(牡6、美浦・松永(幹)厩舎)は今度こそ勝利したい一戦となりそうだ。昨年の春までは芝のレースへ出走していた変わった経歴を持っているが、ダートレースへ転向してからは安定した成績を残しており、ダートに高い適性があったようだ。前走のエルムS(G3)こそ大きく負けてしまったが、昨年のシリウスS(G3)、名古屋大賞典(G3)、マーキュリーC(G3)では2着と重賞でも十分通用する能力は持っている。芝からダートへの路線変更を決断した陣営の判断が正しかったことを証明するためにも、早く重賞のタイトルを手に入れたい。

【シリウスS(G3)展望】ダート路線での飛躍を目指す!暮れのチャンピオンズC(G1)に名乗りを上げるのは!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!