NEW

毎日王冠(G2)ソウルスターリング「圧勝」で凱旋門賞エネイブルと激突へ!? 「親子2代」運命の対決へ"不安"は......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日王冠(G2)ソウルスターリング「圧勝」で凱旋門賞エネイブルと激突へ!? 「親子2代」運命の対決へ不安は......の画像1
ソウルスターリング(競馬つらつらより)

 8日に東京競馬場で開催される毎日王冠(G2)。伝統のG2レースとしてマイル~中距離で毎年強豪メンバーが集うことで知られるが、今年はリアルスティールにマカヒキ、サトノアラジンにグレーターロンドンなどが出走を予定とここ数年でも相当なレベルだ。

 それでも、今年の主役はソウルスターリング(牝3 美浦・藤澤厩舎)で間違いないだろう。

 ここまで6戦5勝、敗れたのは稍重になった桜花賞のみで、あとはどれも危なげないレースで勝利を重ね、G1競走2勝を含む重賞計3勝と、すでに同世代牝馬では敵なしの状況だ。いまだ未知の素質を感じさせるスター候補である。

 そんなソウルスターリング陣営が、秋のローテーションを「古馬激突」としたのも当然か。相手は一気に強化されるが、それすらも覆す強さを見せてくれることを期待したい。

 ただ、やはり3歳牝馬だけに「不安」はある。斤量は53キロと十分なハンデをもらえている状況だが......。

「そもそも参戦自体が多くないですが、グレード制が導入された84年以降、3歳牝馬の優勝はないレースです。昨年ルージュバックが久々に優勝しましたが、その前は1993年のシンコウラブリイまでさかのぼるなど、牝馬にとっては難しいレースなのは間違いありません。メンバーも昨年より格段に強いですし、いくらソウルスターリングといえども容易に勝利できるレースとはいえないでしょう。しかし、期待度を考えればここも突破しなければならない。これからの競馬界の担う逸材にとって、まさに試金石といえる一戦です」(記者)

 ソウルスターリングには、決して低くないハードルがそびえているようだ。藤澤厩舎という点で「毎日王冠は緩い仕上げでは」という懸念もある。ここで敗れ、万全の状態で天皇賞・秋へ......という皮算用があっても不思議ではないだろう。

 しかし、「来年」を見据える意味では、どんな状況であろうとも勝利が求められる。特に1日に行われた「あのレース」を見せられると......。

毎日王冠(G2)ソウルスターリング「圧勝」で凱旋門賞エネイブルと激突へ!? 「親子2代」運命の対決へ"不安"は......のページです。GJは、競馬、エネイブルソウルスターリング毎日王冠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!