NEW

小池百合子都知事とパチンコ業界が全面戦争? 一方的な「残酷宣告」に抗う術は……

【この記事のキーワード】

, ,

小池百合子都知事とパチンコ業界が全面戦争? 一方的な「残酷宣告」に抗う術は......の画像1

 パチンコ店のサービスは進化し続けている。「空気清浄機の導入」「携帯の充電」「マンガ読み放題」「マッサージチェアの設置」など無料サービスは充実。最近ではフリーWi-Fiによって、遊技中や休憩中でのインターネット活用が無料で行えるホールも登場してきている。

「空気が悪い」「怖い」という一昔前のイメージは、徐々に払拭されつつあると言えるだろう。このような各ホールの努力の積み重ねが、「遊技人口の大幅な減少」という最悪の事態を防いでいる要因の1つであることは間違いない。

 ただ、そんなパチンコ業界に「魔の手?」が迫ってきている。話題になっているのは、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた環境整備の一環として東京都がまとめた「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方」だ。飲食店やパチンコホールを含む娯楽施設は「原則屋内禁煙(喫煙専用施設)」に指定。全面禁煙化へ向けた動きが激化している。

 そのような状況下、パチンコ業界が見せた動きに注目が集まっているようだ。東京都遊協は東京都の受動喫煙防止条例案に対し、同組合として意見書を提出する旨を決めたと「遊技日本」は報じている。

 全面禁煙化は非喫煙者にとってはありがたい条例だろうが、喫煙者比率が高いパチンコ業界にとっては厳しい内容と言えるだろう。喫煙専用室を設置できたとしても、集客数ダウンに繋がる可能性は極めて高い。

小池百合子都知事とパチンコ業界が全面戦争? 一方的な「残酷宣告」に抗う術は……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!