NEW

『天空の城ラピュタ』31年目の「作画ミス」発見に驚愕! パズーは「人間じゃないから」の声も……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『天空の城ラピュタ』31年目の「作画ミス」発見に驚愕! パズーは「人間じゃないから」の声も......の画像1

 29日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で放送された、スタジオジブリの劇場版アニメ『天空の城ラピュタ』(1986)の平均視聴率は14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。16回目の放送としては驚異的な数字といえる。

「バルス!」がネット上で連呼されるなど、放送されれば大騒ぎになる名作中の名作。ジブリ作品の中でも特別な思い入れのある方も多いだろう。

 そんな『ラピュタ』において、劇場公開から31年が経過した今、「作画ミス」が見つかったと大きな話題になっている。

「物語の序盤、主役のパズーが飛行石をヒロインシータから渡されて首に括り付けるために両腕を後ろに回すのですが、その際の左手の指の位置がどう考えても『右手』なんです。つまりパズーは『両腕が右手』ということに……。これにはネット上でも『気づかなかった』『確かにあり得ない位置に親指が』と騒然。31年目の真実に驚愕の声が多く上がっています」(記者)

 何回も何回も見ているのに気づかなかった(細かいので普通だとは思う)だけに、ファンの驚愕は想像に難くない。

『天空の城ラピュタ』31年目の「作画ミス」発見に驚愕! パズーは「人間じゃないから」の声も……のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!