NEW

サトノ軍団の「神通力」消滅!? 毎日王冠サトノアラジンの鍵は運と天

【この記事のキーワード】, ,
1005satonoarajin_01.jpg※画像:サトノアラジン 『競馬つらつら』

 今年の安田記念で悲願のG1初制覇を達成したサトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)。これまで幾度もG1で1人気に支持されるも壁に跳ね返されていたが、ついに大輪の花を咲かせた。勢いそのまま、今週開催の毎日王冠(G2)に向かい、本番の天皇賞(秋)へはずみをつけたいところだろう。

 同馬のオーナーである里見治氏は昨年、所有馬のサトノダイヤモンドが菊花賞(G1)を制して馬主歴24年8カ月目で悲願のG1初制覇を達成。これを皮切りに、サトノクラウンが香港ヴァーズ(G1)、サトノアレスが朝日フューチュリティ(G1)、暮れの有馬記念(G1)でもサトノダイヤモンドがそれぞれ優勝。今年に入っても、サトノアラジンが安田記念を制し、さらにサトノクラウンが宝塚記念(G1)でキタサンブラックやシュヴァルグランらを下して栄冠に輝いている。

 里見氏はもともと良血馬を多く所有していたこともあり、G1制覇も時間の問題と思われていた。だが、約25年間も制覇できなかったG1をここ1年で5勝もあげる怒涛の勢いには驚きを禁じ得ない。この間、里見氏はディープインパクトらを所有した金子真人オーナー以上に「流れ」に乗っていたのはたしかだろう。

「ですが、里見氏を”競馬界の顔”に押し上げた立役者のサトノダイヤモンドが、今年は阪神大賞典(G2)の1勝にとどまり、さらにフォワ賞(G2)、凱旋門賞(G1)で続けて惨敗。ここからサトノ軍団の神通力にも陰りが見え始める可能性もあります。この嫌な流れを断ち切るためにも、サトノアラジンには毎日王冠での好走が期待されますね」(記者)

サトノ軍団の「神通力」消滅!? 毎日王冠サトノアラジンの鍵は運と天のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は