NEW

サトノ軍団の「神通力」消滅!? 毎日王冠サトノアラジンの鍵は運と天

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1005satonoarajin_01.jpg
※画像:サトノアラジン 『競馬つらつら』

 今年の安田記念で悲願のG1初制覇を達成したサトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)。これまで幾度もG1で1人気に支持されるも壁に跳ね返されていたが、ついに大輪の花を咲かせた。勢いそのまま、今週開催の毎日王冠(G2)に向かい、本番の天皇賞(秋)へはずみをつけたいところだろう。

 同馬のオーナーである里見治氏は昨年、所有馬のサトノダイヤモンドが菊花賞(G1)を制して馬主歴24年8カ月目で悲願のG1初制覇を達成。これを皮切りに、サトノクラウンが香港ヴァーズ(G1)、サトノアレスが朝日フューチュリティ(G1)、暮れの有馬記念(G1)でもサトノダイヤモンドがそれぞれ優勝。今年に入っても、サトノアラジンが安田記念を制し、さらにサトノクラウンが宝塚記念(G1)でキタサンブラックやシュヴァルグランらを下して栄冠に輝いている。

 里見氏はもともと良血馬を多く所有していたこともあり、G1制覇も時間の問題と思われていた。だが、約25年間も制覇できなかったG1をここ1年で5勝もあげる怒涛の勢いには驚きを禁じ得ない。この間、里見氏はディープインパクトらを所有した金子真人オーナー以上に「流れ」に乗っていたのはたしかだろう。

「ですが、里見氏を"競馬界の顔"に押し上げた立役者のサトノダイヤモンドが、今年は阪神大賞典(G2)の1勝にとどまり、さらにフォワ賞(G2)、凱旋門賞(G1)で続けて惨敗。ここからサトノ軍団の神通力にも陰りが見え始める可能性もあります。この嫌な流れを断ち切るためにも、サトノアラジンには毎日王冠での好走が期待されますね」(記者)

サトノ軍団の「神通力」消滅!? 毎日王冠サトノアラジンの鍵は運と天のページです。GJは、競馬、サトノアラジン毎日王冠里見治の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!