NEW

パチスロ『北斗の拳』大コケに救世主登場!? パチスロ王者を”討ち取った”アノ機種に話題騒然!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
の画像1

 多くの「5.5号機」が苦戦を強いられたパチスロ新時代。過去の実績はもはや関係ない、いわば「戦国時代」とも言えるだろう。各メーカーの革命家がヒット機種に向け挑戦し続けるも、多くが失敗に終わってしまった。

 そんな時代の窮地を救う「救世主」が現れたのだ。それはエース「サミー」でも「ユニバーサル」でもない。「SANYO」だ。

 パチンコでは『海物語』シリーズを筆頭に長年ホールに貢献し続ける「SANYO」。しかし、パチスロでは、過去に『魔法少女リリカルなのは』や『サイボーグ009』など知名度の高いコンテツを起用するものの「ヒット」と呼べる結果には至らなかった。一方「サミー」は「北斗の拳シリーズ」をはじめ、パチンコ・パチスロともに多くのヒット機種を生み出している。

 しかし”5.5号機最後の大物”の登場で「サミー」の評価は一変する。その大物とは『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』だ。5.5号機の設置期限が9月で終了に伴い、新機種が約20機種以上も販売だが、最も注目を浴びた機種と言っても過言ではない。数多くの実績を残してきた『北斗』シリーズということもあり、多くの期待が寄せられた。しかし、ユーザーからは「がっかりだな」「急いで作ったんじゃないの?」と不満の声が多く挙がる結果になってしまったのだ。

 一方『SANYO』が販売した『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』は絶大的な人気を誇っている。導入台数は少ないものの強烈な「出玉性能」の高さにユーザーからの支持は増え続けた。また、パチンコホール間での中古実機市場の取引価格はなんと「170万円」超え、ホールからのとてつもなく高い需要が伺える価格だ。一方、『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』の中古取引価格は「約10万円前後」と両者の差は歴然だ。このように、同じ新基準機でも評価に差が出てしまったのにはある理由があるようだ……。

パチスロ『北斗の拳』大コケに救世主登場!? パチスロ王者を”討ち取った”アノ機種に話題騒然!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!