NEW

【サウジアラビアRC(G3)展望】ロードカナロア産ステルヴィオ無敗戴冠なるか……新馬「4馬身圧勝」ダノンプレミアムも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【サウジアラビアRC(G3)展望】ロードカナロア産ステルヴィオ無敗戴冠なるか......新馬「4馬身圧勝」ダノンプレミアムも登場の画像1

 東京競馬場での秋競馬開幕となる今週は、競馬ファンにとってはうれしい3日間開催となる。そんな東京開催初日となる7日(土)に行われる重賞は、2歳馬限定のサウジアラビアRC(G3)。

 まだ今年で3回目の重賞ではあるが、昨年の勝ち馬のブレスジャーニーはその後の東京スポーツ杯2歳S(G3)も勝利する活躍を見せた。2着となったダンビュライトも皐月賞(G1)で3着の成績を残すなど、ここで好走する能力があればその後の活躍にも期待が持てそうだ。すでに2歳馬にとっての出世レースとなりつつある印象のサウジアラビアRC(G3)に出走を予定している注目馬を紹介する。

 唯一の無敗馬ステルヴィオ(牡2、美浦・木村厩舎)がレースの中心となりそうだ。前走のコスモス賞(OP)は完勝と言える内容。好スタートを決めて無理することなく中団でしっかりと折り合い、足を溜めるそつのない競馬を見せる。その甲斐あって直線ではノーステッキながら末脚を伸ばして差し切り勝ちを収めた。このとき2着馬にクビ差まで詰め寄られたが、レースぶりを考えると着差以上に余力十分。さらに、重馬場となっていたこのレースの返し馬では脚を取られる場面があったようで、道悪が苦手かもしれない中で勝ち切った意味は大きい。土曜日があいにくの雨模様の予報となっているが、苦手馬場でも能力で3連勝、初重賞制覇の可能性は大いにある。ここでも結果を残すことができれば、世代のトップホースの1頭として名乗りを上げることになるはずだ。

 新潟2歳S(G3)では3着だったが、テンクウ(牡2、美浦・奥村厩舎)も高い能力を持っているはず。前走の新潟2歳Sは前残り決着だったことを考えれば、十分好走したレースと言える。また注目したいのは、スローペースの影響があったとはいえ2歳馬ながらラスト3ハロン32.6秒の末脚を繰り出したことである。これだけの瞬発力を持っているならば直線の長いコース形態は有利となりそう。新馬戦を勝利した時の田辺騎手とのコンビに戻り、重賞タイトルを狙う。

 すでに5戦しキャリア豊富なダブルシャープ(牡2、北海道・米川厩舎)は地方競馬所属だが、中央での結果も出している。中央競馬での初出走となったクローバー賞(OP)では圧倒的な人気となっていたタワーオブロンドンとの追い比べを制して勝利を上げる大金星。前走の札幌2歳S(G3)でも道中の最後方待機から最後の直線で猛烈な追い上げを見せ3着と、中央のレースでも十分にやっていけることを証明してみせた。重賞でも通用する力はあるが、今回は北海道以外でのレースとなり初めての長距離輸送。これに適応できるかがカギとなりそうだが、実力を発揮することができれば重賞制覇のチャンスはある。

【サウジアラビアRC(G3)展望】ロードカナロア産ステルヴィオ無敗戴冠なるか……新馬「4馬身圧勝」ダノンプレミアムも登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!