NEW

パチスロ旧基準機「消滅」回避は不可能? ホールが6号機時代に生き残る術とは

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ旧基準機「消滅」回避は不可能? ホールが6号機時代に生き残る術とはの画像1

 10月より3000枚リミッター(有利区間1500Gまで)が搭載された、5.9号機のみが新台となったパチスロ業界。さらに風営法施行規則の改正案が公開されたことにより、2月からは出玉獲得性能が見直された6号機時代へ突入することが決定している。

 現在もホールの主軸である旧基準機に関しては、2017年12月に30%未満とする計画が存在。先行きに関しては不透明となっているが、今後も減台されていくことは明白だ。

 パチスロ業界は、かつてない不安定な状態にある。「旧基準機をいつまで打つことができるのか」という問題は、パチスロユーザー・ホールの不安を煽っていると言える。

 そんな旧基準機に関し、中古機流通協議会が発表した文書が話題となっている。

 12月1日以降、新基準に該当しないパチスロの設置比率が30%を超えるホールの認定申請、および中古遊技機の移動の申請受付を留保する旨を伝えたとパチンコ業界誌「プレイグラフ」は報じている。

 目標に達しなかったホールに対しては、30%以下になった日から180日間、認定および中古遊技機に関する保証書の発給を停止するという内容も盛り込まれているようだ。

パチスロ旧基準機「消滅」回避は不可能? ホールが6号機時代に生き残る術とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!