NEW

パチスロ「愛」が芽生える時......依存症、バカといわれても台に執着する男の叫び

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「愛」が芽生える時......依存症、バカといわれても台に執着する男の叫びの画像1

 パチスロに全てを捧げたい......。

 スロッターにとって「パチスロ」とはなんだろうか。恐らく「ギャンブル」「暇潰し」所詮その程度の存在だろう。だが私にとってパチスロは「人生」。もっと言えば「酸素」「血液」と言っても過言ではない存在なのである。

 パチスロにハマる人の典型的な例と言えば「ビギナーズラック」だろう。数千円のお金が「10倍以上」の金額で返ってくれば、多くの人間が「パチスロ」の魅力に取り憑かれるはずだ。

 しかし、私がハマったきっかけは「お金」ではなかった。私のデビュー戦は「ゲームセンター」である。「ギャンブル」としての楽しさを知る前に「パチスロ」の面白さを先に知ってしまった。

 そして、ゲームセンターに幾度となく「パチスロ」を打ちにいっていた私に、「公式戦」デビューの日がついに訪れる。

 時が経ち、パチンコ店に入店できる年齢とともにゲームセンターを卒業。次第にホールへ通うようになった。最初の頃は週に一回程度と「ほぼ行ってない」に等しい頻度だった。

 しかし、日に日に回数は増えていき、最終的には最低週6以上。大学の夏季休暇中は家にいる時間よりもホールに足を運んでいた。ソファーと大型テレビが置いてある休憩室は、私の別荘と化していた。

 軍資金も最初の頃は、バイト代の範囲内であった。だが日に日にエスカレートしていき通学代、大学の教材費にまで手を付け、愛読していた漫画全巻、最終的には金になりそうな物は全て売りさばいた。空っぽの自室が清々しいくらいだったのをよく覚えている。しかし、作ったその金が「3時間」で全て消え去り、嗚咽したことを思い出すと少しだけ胸が痛む。

パチスロ「愛」が芽生える時......依存症、バカといわれても台に執着する男の叫びのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ギャンブルパチスロ依存症の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!