NEW

パチンコ「禁断の新台ラッシュ」到来!? 「出玉規制」によって生まれた「負のスパイラル」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「禁断の新台ラッシュ」到来!? 「出玉規制」によって生まれた「負のスパイラル」とはの画像1

 出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を”5万円以下”に制限する規制が発表されたパチンコ業界。来年2月1日からは規制に基づいた機種が新台となるわけだが、これに伴い予想されるのは「怒涛の新台ラッシュ」の実現である。

 パチスロ5.5号機の販売ラストとなる9月にも、20を超える機種がリリースされるラッシュが引き起こされた。規制施行前にリリースされる新台は、メーカーの「今後の開発や販売計画」やホールの「営業計画」へ大きな影響を与える重要な意味を持つ。だからこそ、あのような「異常事態」は引き起こされたのだ。

 しかし、パチンコ・パチスロが同時に規制される今回が「そのレベル」に留まらないことは明白だ。現在、試験機関・保安通信協会(保通協)には「凄まじい数」の機種が持ち込まれていると言われている。

 そんな新台による「怒涛のラッシュ」に期待を寄せるユーザーは多いようだが、その前には「深刻な問題」が存在しているという。

「規則施行前に適合させようと、かなりの数が申請されているようですが残念ながら1日の申請枠には限りがあります。数枠に対し100近い機種が申請している日もあるようで、かなりの競争率になっているみたいですね。その激しい競争を勝って、初めて試験を受けられるという非常に厳しい状況のようです。新台を1つも発売できないメーカーが出てくる可能性もありますよ」(パチンコライター)

 申請枠が限られている以上、試験にすら辿り着けない機種も当然ながら出てくるだろう。「1機種も新台を発売できない」メーカーが誕生してしまう可能性も否定はできない。

 しかし、今回の「駆け込み申請ラッシュ」に関する問題はソレだけでは終わらない。この厳しい状況が生み出す「負のスパイラル」を不安視する声は目立つ。

パチンコ「禁断の新台ラッシュ」到来!? 「出玉規制」によって生まれた「負のスパイラル」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!