NEW

JRA藤田菜七子「飲酒疑惑騒動」払拭へ!? 前回「騎乗回避」の愛馬との勝利に「西」へ向かう

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子「飲酒疑惑騒動」払拭へ!? 前回「騎乗回避」の愛馬との勝利に「西」へ向かうの画像1

 7日、女性騎手としては20年ぶりのJRA年間10勝を達成した藤田菜七子騎手。8月27日に年間二桁勝利にリーチを掛けたものの、その後は1カ月以上も勝ち星に恵まれず、節目を目前にして足踏みをしていた。レース後、菜七子騎手は「日刊スポーツ」の取材に対し「(10勝は)とりあえずホッとしましたが、次の1勝を目指して頑張りたい。もっと上を目指したいです」と今後の活躍にも意欲を見せたという。

 次なる目標は牧原由貴子(現・増沢)元騎手が樹立した女性騎手年間最多勝記録たる11勝。菜七子騎手は今週末もレースへの騎乗が予定されており、タイ記録、さらには記録更新に向けて奮闘が期待されている。

「今週末に開催される赤富士Sでは、あの風水師”Dr.コパ”こと小林祥晃が所有するコパノアラジンへの騎乗が予定されています。菜七子騎手は今年、コパノアラジンで2連勝を飾っています。また先週には同馬の追い切りに騎乗するためにデビュー後、初めて栗東トレーニングセンターへ行ったほど力を入れているよう。感触は良かったそうですが、ただ、近走が今ひとつの成績。逃げ馬ですので、どこまで粘れるかが勝負の分かれ目でしょうね」(現場記者)

 記録への挑戦が続く菜七子騎手。10勝中2勝をあげた”愛馬”で見事に達成してもらいたいものだが、菜七子騎手はこのコパノアラジンにはうれしい思い出がある反面、苦い思い出もあるという。

「コパノアラジンが2勝目をあげた際、レース後にDr.コパは『菜七子がこんなにうまかったとは驚き』と彼女の腕前を称賛。次走の鞍上も確約していたほど入れ込んでいたんです。その評価に応えるかのように菜七子騎手も勝利を収め、以降も主戦騎手を務めていました。ですが、8月13日のレースで突如鞍上がM.デムーロ騎手へと変更されたんです」(競馬誌ライター)

JRA藤田菜七子「飲酒疑惑騒動」払拭へ!? 前回「騎乗回避」の愛馬との勝利に「西」へ向かうのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話