NEW

ロゴタイプが富士S回避……迫り来る「引退」の二文字にファン不安も、次の馬生を考えれば……

【この記事のキーワード】, ,
ロゴタイプが富士S回避......迫り来る「引退」の二文字にファン不安も、次の馬生を考えれば......の画像1

 今年の安田記念(G1)で2着のロゴタイプ(牡7 美浦・田中厩舎)が、秋初戦に予定していた富士S(G3)を回避することがわかった。

 どうやら体調が整わなかったようで、11日に放牧に出されたという。今後は体調次第で11月のマイルCS、年末の阪神Cへの参戦も検討となっているが……。

 2歳時に人気薄ながら朝日杯を制し、3歳になって皐月賞を勝利。世代の中心と目された同馬は、その後勝ちきれない日々が続いた。ところどころ馬券には絡むも勝利をつかむことができないまま3年の月日が経ち、「引退の二文字」もちらついたが、6歳春の安田記念で決死の「逃げ」を披露。当時最強マイラーの名を欲しいままにしていたモーリスを下す勝利。その後は再び勝利から遠ざかるも、今年の中山記念3着、安田記念ではハイペースの逃げを見せて2着と、トップマイラーの地位で存在感を放っている。

 2歳、3歳、6歳でG1を勝利した異色の経歴、モーリスを下したインパクトなど味のある馬で、非常にファンの多い同馬。それだけに、今回の回避には不安の声も非常に多いのが現状だ。

「7歳ですし、そろそろ冗談抜きで『引退』の頃合いではあります。G1競走3勝の実績は十分種牡馬入りに値するものですし、サンデーサイレンスの血は入っているものの、クロスに困るほどではないでしょう。一定の需要は見込めるのではないでしょうか。

無理はさせないからこその今回の判断でしょうし、次にターフで会えるのかは微妙なところかと……」(記者)

 まだまだ走れる強さは誰もが知るところ。しかし、「第二の馬生」に向けた準備も進めていかねばならないのが現実だ。

 一部ファンの間では、中山巧者ということから「有馬記念に」という声もある。その声が陣営に届くかは、謎だ。

ロゴタイプが富士S回避……迫り来る「引退」の二文字にファン不安も、次の馬生を考えれば……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声