NEW

『アナザーゴッドハーデス』最新作が降臨!? 「独創的システム」搭載で「GODバブル」再来か

 回胴界へ金字塔を打ち立てた『GODシリーズ』より、冥王ハーデスがパチンコ界に降臨。7月に登場した『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』(メーシー)は、計画台数を上回る受注を受けるなど上々のデビューを飾っている。

 大当り確率1/319.7・確変突入率65%・時短100回というスペックで、初当り時の12R以上の大当り割合を54%と限界まで高めることに成功。2,000発を超える出玉も存在するなど、冥王ハーデスならではの出玉感に期待が持てる。

 また、ヘソ入賞の下にクルーン役物が設置されている点も大きな話題となった。通常時の変動はクルーンによって管理されているが、特徴は一般的な「ヘソ入賞→変動」という流れにならないところだ。

 入賞穴は3つあり、奥の2穴に入賞した場合のみ変動がスタートする仕様。その1つが「電チュー保留(5個賞球)」となっている点が大きな魅力だ。回転の半数は電チューとなるため、通常時から16R当たりを狙うことができる。パチスロでお馴染みだった「ジャッジメント」を彷彿させるシステムは、多くのユーザーの心を掴むことに成功した。

「あの他とは一線を画す独創的なシステムは、新基準機が巻き返す1つの可能性とも言えるのではないでしょうか。過去にも似たような仕様はありましたが、評価を得られませんでした。出玉が規制された今の時代に、通常時から大量出玉を狙える点がウケたのかもしれません」(パチンコライター)

 パチスロだけではなく、パチンコでもトップを目指しているユニバーサルエンターテインメント。今年デビューした『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』は、同社の目標達成を近づける活躍をしたとも言えるだろう。

 そんなパチンコ界に衝撃を与えた『ハーデス アドベント』が、再び注目を集めている。「新時代の救世主になるのでは?」との声が上がっているようだ。

『アナザーゴッドハーデス』最新作が降臨!? 「独創的システム」搭載で「GODバブル」再来かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事