NEW

三浦皇成×重馬場で大穴ポールヴァンドル大チャンス! 秋華賞に天気以上の荒れ模様

【この記事のキーワード】, ,
三浦皇成×重馬場で大穴ポールヴァンドル大チャンス! 秋華賞に天気以上の荒れ模様の画像1

 15日に開催される秋華賞(G1)。天候は秋晴れとはいかず、牝馬クラシック最後の1冠は生憎の空模様の中で行われそうだ。多くの人からあまり好意的に迎え入れられない悪天候だが、これを”勝機”と捉えている馬もいるようだ。それが、ポールヴァンドル(牝3歳、美浦・上原博之厩舎)だ。

 ポールヴァンドルは昨年10月に行われた新馬戦で、後のダービー馬・レイデオロと勝ちを争って0.2秒差の2着。だがその後勝ちきれぬ競馬が続き、勝利をあげたのは翌年1月、しかもダート戦(1800m)でのことだった。このままダートを主戦場とするかと思いきや、芝へ再転向。それからは順調に勝ち上がり、トライアルの紫苑S(G3)に出走。3着に入り、秋華賞への出走権を得ている。

「ポールヴァンドルは今が充実期であり、安定感が出てきたようです。牝馬ながら筋骨隆々とした馬体を持ち、体重は500kgを優に超えています。まるで父馬ダイワメジャーの体躯をそのまま受け継いだかのような同馬は、ダートや重馬場を苦にすることはないよう。レイデオロに肉薄した新馬戦も重馬場で、最後の直線で並ばれてからも最後まで抵抗していました。馬場が荒れてると考えられる秋華賞でも面白い存在になるのではないでしょうか」(記者)

 陣営も「日刊スポーツ」の取材に対し、『重馬場もパワー型だから問題ない』と自信をのぞかせている。この道悪を物ともしないだろうポールヴァンドルに騎乗するのは、今年の8月に復帰した三浦皇成騎手だ。いまだG1勝ちはない三浦騎手だが、重賞制覇10回のうち4回は荒れた馬場。道悪の競馬を苦にしない印象を持っている人も多い。ここでG1初制覇を飾り、完全復活をアピールしたいところだろう。

「ポールヴァンドルと三浦騎手は前走の紫苑Sからタッグを組んでいます。これまで同馬は先行することがほとんどでしたが、その時はこれまで経験したことがない後ろからの競馬を見せ、上がり最速33.7秒を記録して3着。新たな一面を披露しました。本番はこれまで通り先行するのか、それとも後方から機をうかがうのか、どのような姿を見せてくれるかも楽しみですね」(競馬誌ライター)

 道悪を味方につけてポールヴァンドル×三浦騎手のタッグが大輪の花を咲かせることはできるのだろうか? 好走を期待したい。

三浦皇成×重馬場で大穴ポールヴァンドル大チャンス! 秋華賞に天気以上の荒れ模様のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話