NEW

秋華賞(G1)「サイン」はM-1優勝トレンディエンジェル&尼神インター登場でファンディーナが急浮上!? 鬼脚ラビットランが「来ない?」理由とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋華賞(G1)「サイン」はM-1優勝トレンディエンジェル&尼神インター登場でファンディーナが急浮上!? 鬼脚ラビットランが「来ない」理由とはの画像1

 今週末は牝馬クラシックの最終戦・秋華賞(G1)が京都競馬場で開催される。

 サイン馬券予想として、先週の毎日王冠(G2)では『前略 ディープインパクト様 ~関係者からDEEPへの手紙~』というイベントが開催されるので「ディープインパクト産駒」に注目……。

 特にレース当日には『絆 ~走れ奇跡の子馬~』の原作者・島田明宏氏がゲストとして登場するので、キズナと同じディープインパクト×ストームキャットのリアルスティールと、サトノアラジンを推奨したにも関わらず、何故か馬券を外すという不本意な結果となった。
※(毎日王冠「サイン」は新垣結衣が今年のNHKドラマで”育てた”仔馬で決まり!? 原作者降臨で超人気薄のリアル「リヤン」が感動の復活?(リンク))

 オッズに目が眩んで、人気薄のワンアンドオンリーを無理に推してしまったのが運の尽きだったが、感触自体は悪くない。今週からは何かとサインが反映されやすい「G1」。今度こそ、きっちりとモノにしておきたいところだ。

 今週末の秋華賞はプレゼンターこそ不在だが、ゲストとしてお笑いコンビのトレンディエンジェルが招かれ、最終レース終了後には尼神インターも登場と、関西の競馬場らしくお笑い一色の1日となる。トークショーで笑い、レースで大笑いしたいことは述べるまでもない。

 サイン的にまず目が行くのは、桜花賞馬レーヌミノルだ。

 ゲストがトレンディ「エンジェル」だけに、母ダイワ「エンジェル」はサイン的に大きなアドバンテージ。如何にも単純なサインだが、先週の毎日王冠がディープインパクト関連のイベントで、そのままディープインパクト産駒のワン・ツー・スリーとストレートに決まっているので、意外に”直球勝負”が通用するのかもしれない。

 また、トレンディエンジェルが国民的な知名度を得たのは、何といっても一昨年の『M-1グランプリ』で優勝を果たしたからだろう。

秋華賞(G1)「サイン」はM-1優勝トレンディエンジェル&尼神インター登場でファンディーナが急浮上!? 鬼脚ラビットランが「来ない?」理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!