NEW

パチンコ「設定」搭載は実現しない? 期待が膨らむ設定搭載パチンコが抱える「問題」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「設定」搭載は実現しない? 期待が膨らむ設定搭載パチンコが抱える「問題」とはの画像1

 10月11日、東京都遊協青年部会は第30回「フォーラム110」を開催。遊技機メーカー3社(京楽産業、サミー、藤商事)の開発責任者を招き、規則改正後の展望について議論を行ったと「遊技日本」は報じている。

 今回の規制は、出玉性能の抑制が最大の特徴だ。出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限は”5万円以下”に制限。もうけの上限を引き下げ「負けを取り戻そう」という思いの抑制が狙いだ。

 出玉規制は格段に強化されたと言えるだろう。特にパチスロは『ジャグラー』のようなノーマルタイプ機の出玉性能にも影響を与える厳しい内容となっている。実際に同会でも、パチスロに対しては悲観的な意見が上がっていた。

 その一方、パチンコに対しては前向きな意見も出ていた様子。最大のポイントである「6段階の設定搭載」に対し、ポジティブな意見が目立っている。設定推測要素などをゲーム性に盛り込むことで、新たなファン層の獲得など活性化に繋がる可能性を感じているようだ。

 しかし、問題点も確実に存在している。試験機関・保安通信協会(保通協)型式試験に、莫大な時間が掛かる事で生まれる「懸念材料」を問題視する声が目立っているのだ。

パチンコ「設定」搭載は実現しない? 期待が膨らむ設定搭載パチンコが抱える「問題」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!