NEW

横山典弘×ミッキースワローに菊花賞「関東馬16年勝利ナシ」の鬼門……先週の秋華賞アエロリット撃沈を払拭するには?

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘×ミッキースワローに菊花賞「関東馬16年勝利ナシ」の鬼門......先週の秋華賞アエロリット撃沈を払拭するには?の画像1

「思いの他、簡単に抜かすことができた」

 衝撃的なシーンだった。先月18日に行われたセントライト記念(G2)だ。最後の直線で2番人気の上がり馬が、単勝1.7倍の大本命・皐月賞馬アルアインをあっさりと交わした場面は、まさに春の勢力図がひっくり返る”乱菊”を予感させた。

 あれから1カ月、22日に京都競馬場で開催される菊花賞(G1)に”下剋上”を完遂するため、セントライト記念の覇者ミッキースワロー(牡3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が出陣する。

 昔から競馬は「馬7、騎手3」と言われているが、トップジョッキーに有力馬が殺到する近年は「馬3、騎手7」などと揶揄されることもしばしば……。しかし、前走のセントライト記念に限っては「騎手が替わるだけで、ここまで馬が変わるのか」と思わざるを得ない一戦だった。

 15頭立ての中山芝2200mで行われたセントライト記念。2番人気に支持されたミッキースワローは、2年目の菊沢一樹騎手に替わって、今回から大ベテランの横山典弘騎手が騎乗していた。まずまずのスタートを切ったミッキースワローは無理せず中団へ。1000m通過が61.8秒というスローペースの中、アルアインを見るような形で追走すると、3コーナーを回って進出し始めた大本命馬をマークするようにスパートを開始。

 最後の直線に入り、2番手を追走していたスティッフェリオが先頭に躍り出るも、外からアルアインが手応え十分に早くも並び掛ける。皐月賞馬の貫禄勝ちかと思われたが、すぐ後ろにいたミッキースワローが並び掛けると、アルアインに抵抗させる暇も与えず、あっさりと突き放してゴールした。

横山典弘×ミッキースワローに菊花賞「関東馬16年勝利ナシ」の鬼門……先週の秋華賞アエロリット撃沈を払拭するには?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3 C.ルメール「単勝1.7倍」のドン詰まりに大ブーイング!? 行く先々で“前が壁”…近親に二冠牝馬を持つ良血馬がまさかの不完全燃焼
4ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
5武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明
6桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬ラヴズオンリーユー、秋華賞クロノジェネシス「合計G1・13勝」伝説になった2019年牝馬三冠の激闘! 一方「牡馬」は……
7JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9【チャンピオンズC(G1)展望】純白の女王ソダシがダート界に殴り込みも苦戦必至!? “連覇”狙うチュウワウィザード、カフェファラオが巻き返しへ!
10ジャパンC(G1)横山武史もガックリ「玉砕覚悟」の大捲り!? 武豊キタサンブラック再現のはずが、キセキ3度目の4コーナー先頭に大歓声