NEW

武豊が山本昌に「チョンチョン」!? ビッグレースでも余裕の風格?

【この記事のキーワード】, ,
武豊が山本昌に「チョンチョン」!? ビッグレースでも余裕の風格?の画像1

 22日の菊花賞(G1)で5着に終わったダンビュライト。最後の直線に入るところですでに先頭に立つなど積極的な競馬を展開したが、最後に失速。勝利したキセキら後続に敗れはしたが、見せ場は作った。

 台風の影響で、最悪の不良馬場の中開催された今年の菊花賞だったが、京都競馬場を知り尽くす男、武豊騎手は、明確に「勝ち」を狙いに行く騎乗を見せてくれた。結果は5着だったが、中団でしっかりと折り合い、馬場を読んで早めに仕掛けた騎乗に文句はないだろう。

 今後ダンビュライトがどの路線に進むのかは見えていないが、長距離でもそれなりの走りができることを証明した今、選択肢は広い。今後は賞金的にもオープンレベルから仕切り直しといったところだろうか……。

 そんなダンビュライトの可能性を示した武豊騎手。相変わらずの勝負の鬼っぷりを見せつけてくれているが、その「鋼のメンタル」を垣間見せた場面があった。

 関西の競馬番組『競馬BEAT』(関西テレビ)。この日はゲストに元プロ野球選手の山本昌氏が京都競馬場で現地登場。山本氏は菊花賞に出走したアルアインの一口馬主であり、皐月賞では口取り式大雨が降りしきる中、菊花賞のパドックから中継を行っていたわけだが……。

武豊が山本昌に「チョンチョン」!? ビッグレースでも余裕の風格?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声