NEW

パチスロ狂いが現役業界人と「家スロ」談義......「3000枚規制」5.9号機の現状を暴露!? 見えた業界の「行く末」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ狂いが現役業界人と「家スロ」談義......「3000枚規制」5.9号機の現状を暴露!? 見えた業界の「行く末」とはの画像1
家スロを愛し、業界を憂う

 パチスロ業界人が嘆く「業界の行く末」とは......。

 遡れば、2015年12月。ART純増枚数が2.0枚以下、出玉管理(押し順ナビ)をサブ基板からメイン基板への移行が義務付けられるなど、様々な規制が設けられた初の5.5号機『秘宝伝 ~伝説への道~』が登場し、約2年。

 この間に5.5号機はのべ「200機種以上」が導入されるも、その多くが苦戦を強いられた印象である。そして、10月からは「3000枚リミッター搭載」の「5.9号機」のみの販売がスタート。

 このような現状に多くのパチスロファンが興醒めているのではなかろうか。それは、実際にパチスロ業界の最前線で働くも同じのようだ。むしろ、業界に近い人間だからこそ一段と深刻に感じている......。

 そこで今回は、私と同じく家スロを「5台保有」。また現在もなお、パチスロ開発に携わる人間だからこそ分かる"パチスロ業界の現状"と"今後の未来"を「家スロ」談義と共にお聞き頂きたい。

「山崎」: 5.9号機の販売が本格的に開始しました。現在、販売予定の「3000枚規制」該当機種であるART機は『戦国コレクション3』『BLACK LAGOON3』『ゴッドイーター2』のみとなっていますが、業界的には閑散期なのでしょうか?

「開発M」:むしろその逆、近年稀に見る繁忙期です。5.9号機の販売に向けて、数々のメーカーが大急ぎで動いているようですね。つまり、今後は上記3機種の他に、数多くの新台が出るのではないでしょうか。もちろんパチンコも含まれますが。

「山崎」:なるほど。現場は猫の手も借りたいほどに忙しい状況が続いているのですね。そんな忙しい状況であれば、実際の現場は活気づいているイメージがありますが、どうでしょうか?

パチスロ狂いが現役業界人と「家スロ」談義......「3000枚規制」5.9号機の現状を暴露!? 見えた業界の「行く末」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ家スロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!