NEW

【アルテミスS(G3)展望】重賞制覇のチャンス到来!?牝馬限定重賞を制して世代の主役に名乗りを上げるのは?

【この記事のキーワード】, ,
【アルテミスS(G3)展望】重賞制覇のチャンス到来!?牝馬限定重賞を制して世代の主役に名乗りを上げるのは?の画像1

 3歳馬のクラシック戦線が終了し、年末の2歳チャンピオンを決める戦いだけでなく、来年のクラシック戦線を見据える上でも注目すべき2歳戦。28日(土)の東京競馬場では2歳牝馬の重賞としてアルテミスS(G3)が開催される。昨年は早い時期からソウルスターリングを中心にレーヌミノル、リスグラシュー、ミスエルテなど多くの牝馬が牡馬を圧倒する活躍を見せていたが、今年に関しては昨年ほどの大物牝馬は未だ登場しておらす、混戦模様となっている。

 1勝馬によるレースだけにどの馬にもチャンスはあるが、このレースで中心になりそうなのが重賞での好走歴を持つアリア(牝2、栗東・沖厩舎)となりそうだ。函館での新馬戦をクビ差ながら2歳馬としては優秀なタイムで勝ち切っており、能力の高さを見せた。その後は函館に滞在し函館2歳S(G3)へと挑戦すると、前残り決着となったが中団から差しての3着。十分に評価できるレース内容であったはずだ。前走のりんどう賞(500万下)では休養明けで20Kgの馬体重増加と調教不足を心配させたが、レースでは2着と動き自体に太さを感じさせることはなく、休み明け2戦目のここでは更なる期待が持てそうだ。まだまだレース中に騎手が手綱を引っ張るなど幼い一面があるだけに、レース経験を積んで気性が成長してきた際には取りこぼしの無い馬へと変わる可能性を秘めていそう。重賞での経験という意味では1歩リードしている中、しっかり結果を残して今後の戦いに備えることはできるだろうか。

 そんなアリアに待ったをかけるのは、新馬戦からの勝ち上がり組となるかもしれない。

 中山競馬場での新馬戦を最後方から差し切ったトーセンブレス(牝2、美浦・加藤厩舎)にとっては、真価が問われるレースとなる。最後の直線が短く急坂があるためになかなか追い込みが決まりにくいコースながら、他馬とは次元の違う目の覚めるような最後の末脚に驚かされたファンも多かったはずだ。稍重の馬場で記録した上り3ハロンのタイムである34.0秒は、オープンクラスのレースでもなかなか出ない好タイム。新馬戦でのインパクトは十分であった。クラスが上がり簡単なレースとはならないだろうが、2戦目のここでも他馬を置き去りにすることができるだろうか。

【アルテミスS(G3)展望】重賞制覇のチャンス到来!?牝馬限定重賞を制して世代の主役に名乗りを上げるのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?