NEW

新垣結衣映画『ミックス。』が”アニメ”にボロ負け……「ガッキーブーム」が人気スマホゲームに飲み込まれる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣『ミックス。』がアニメにボロ負け......「ガッキーブーム」が人気スマホゲームに飲み込まれるの画像1

 21日に公開された新垣結衣と瑛太が主演の映画『ミックス。』が初登場1位と好調なスタートを切った。

 同作は新垣と瑛太を中心として、卓球のミックスダブルスを通した笑いあり涙ありの作品。大々的な宣伝を行い、特に新垣は公開2週間前あたりからはテレビに出ずっぱりの状況だった。今大ブレイク中の人気女優ということで、制作側としてもこれ以上ない宣伝効果を見込んだに違いない。

 その効果もあってか初登場は1位を記録。2位には『斉木楠雄のΨ難』が入るなどしたが、強力なライバルはおらず、1位はさほど難しくない状況だったかもしれない。

 ただ、動員18万人、興収2億3500万円という結果には「微妙」という声は多いようだ。それには、この前の週に公開の「アノ映画」の人気が影響しているらしい。

「『劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flower』ですね。人気ゲームを原作にしたアニメで、すでにテレビアニメも何度となく放送されています。とはいえ、ゲームやアニメファン以外には浸透していない作品であることも事実。

しかし売上は初週2日間で興収4億1303万840円、動員24万7509人と『ミックス。』を上回るどころか倍近いスタートを切っています。先週は4位に後退していますが、いまだ勢いに衰えはないようです。一部では『fateすげー』『ガッキーに勝った』なんて声まで出ていますよ」(記者)

新垣結衣映画『ミックス。』が”アニメ”にボロ負け……「ガッキーブーム」が人気スマホゲームに飲み込まれるのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!