NEW

M.デムーロ騎手がキセキの「凱旋門賞挑戦」提案! 史上”最弱”凱旋門賞2着馬との「共通点」にある世界統一の可能性

【この記事のキーワード】

, ,

M.デムーロ騎手がキセキの「凱旋門賞挑戦」提案! 史上最弱凱旋門賞2着馬との「共通点」にある世界統一の可能性の画像1

 歴史的な不良馬場によって行われた22日の菊花賞(G1)は、降りしきる雨を切り裂くように力強く抜け出した1番人気キセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)の優勝で幕を閉じた。

 鞍上のM.デムーロ騎手は、これで牡馬クラシック完全制覇。皐月賞と日本ダービーは複数回勝利しているだけに、待望のラスト一冠となった。管理する角居厩舎も、これでデルタブルース、エピファネイアに続く菊花賞3勝目。改めて、その手腕を見せつける結果となっている。

 それにしても今年の菊花賞は、極めて特殊なレースだった。
 
 ここ数日、降り続いた雨の影響でキセキが記録した勝ち時計3:18.9は、今年キタサンブラックが3200mの天皇賞・春で記録した3:12.5よりも遥かに遅い時計。菊花賞の勝ち時計が3分10秒を上回ったのは、グレード制が導入される以前の1975年のことであり、今年で78回を数える歴史の中で、下から5番目に遅いタイムとなった。

 しかし、この日のキセキの強さに疑問を持つ者は誰もいないのではないだろうか。

 かつて「強い馬が勝つ」と言われた菊花賞を体現するような、すべての出走馬が死力を尽くしたレース。その中でレース後、デムーロ騎手が「素晴らしい脚を使ってくれた。楽勝でした」と語ったように、最後のキセキの伸び脚は際立っていた。

 そういった中、今回の菊花賞に感銘を受けた競馬ファンの間では、早くも「あのレース」への期待が高まっている。

M.デムーロ騎手がキセキの「凱旋門賞挑戦」提案! 史上”最弱”凱旋門賞2着馬との「共通点」にある世界統一の可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!