NEW

天皇賞、弱体広島CS敗れ日本シリーズ「横浜DeNA VS ソフトバンク」に”超絶サイン”発見! あの「馬主」の2頭が怖い……

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞、弱体広島CS敗れDeNAが日本シリーズで「DeNA VS ソフトバンク」に超絶サイン発見! あの「馬主」の2頭が怖い......の画像1

 プロ野球のCSで、セ・リーグは横浜DeNAが広島を4勝2敗で下し、リーグ3位ながら日本シリーズ行きを決めた。

 リーグ戦では14.5ゲーム差をつけられながらも、CSでは勢いが勝った。ラミレス監督の継投がことごとくハマり、打線も先手を打たれながらも一発攻勢で逆転、そのままリードを保って逃げ切りを続けた。

 この結果に「CSの意義」という論争がそこかしこで起こっているが、3位チームが日本シリーズに行くのがセ・リーグ史上初ということを考えれば、今年は特別だったのかもしれない。広島にはリーグ戦の強さが微塵も感じられず、とても圧倒的強さでリーグ制覇をしたチームには思えなかった。さまざまな巡り合わせの結果だろう。

 これで、日本シリーズはDeNAとパ・リーグの覇者ソフトバンクの戦いとなった。野球の次は競馬、というわけではないが、今週は東京競馬場で天皇賞・秋(G1)が開催される。ここはひとつ、日本シリーズの2チームから天皇賞の「サイン」を考えてみたい。

 DeNAは「青」を基調としたユニフォーム、ソフトバンクは「黄」「黒」といったところか。こうなると青の「4枠」、黄色の「5枠」、黒の「2枠」が「くさい」ということになるだろう。天皇賞のコースは内枠有利であり、この3つの枠はその傾向にもあてはまる。26日の枠順抽選会は注目だ。

 ただ、これだけではひねりがない。何かこのユニフォームから「必勝の法則」が見つかればと思ったが……あったのである。

天皇賞、弱体広島CS敗れ日本シリーズ「横浜DeNA VS ソフトバンク」に”超絶サイン”発見! あの「馬主」の2頭が怖い……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?