NEW

天皇賞キタサンブラック「ノド鳴り」疑惑を「プロ」が指摘していた……過去最大の不安要素の数々が招く「ウワサ」

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞キタサンブラック「ノド鳴り」を「プロ」が指摘していた......過去最大の不安要素の数々が招く「ウワサ」の画像1

 天皇賞・秋で不動の主役を務めるキタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)だが、今回は春のレースのような安心感をファンも抱いていない。

 春には積極的だった「坂路3本追い」が秋にはなくなり、一部では「本来の姿に程遠い」という主旨の声もある。宝塚記念での9着「謎」の惨敗が脳裏に焼きついているファンも少なくはないだろう。

 今年、そしてここ数年の天皇賞において紛れもなく最強メンバーが揃ったレースにおいて、キタサンブラックがそれでもなおその玉座を守れるのかが最大の焦点といえる。

 そんな中、あの惨敗した宝塚記念に関し、競馬界における「プロ」たちが聞き捨てならない発言をしていた。

 それが、「アサヒ芸能」(徳間書店)に掲載された『夏競馬特別対談「松本ヒロシ×亀谷敬正」』だ。松本氏はメディア露出も多い「競馬エイト」の記者、亀谷氏はノーザンファームとの関係も深い競馬評論家である。

 そんな2人が語っていた、キタサンブラックに対する「ある疑惑」が注目される。

「記事内では、亀谷さんがヒロシさんに『宝塚記念で9着に大敗したキタサンブラック。ひょっとしてノド鳴り(喘鳴症)だったのでは?』とぶっちゃけ質問をしています。実際に『競馬エイト』には『春の天皇賞後は息遣いが少し荒い』という話があったと亀谷さんは説明しています。ヒロシさんは少々困惑しながら『陣営のコメントを見るかぎり、息遣いが悪いなんてことはどこにも書いてなかった』とし、惨敗要因は外枠やレース展開だったということで納得させています。

天皇賞キタサンブラック「ノド鳴り」疑惑を「プロ」が指摘していた……過去最大の不安要素の数々が招く「ウワサ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?