NEW

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』視聴率好調を潰しそうなアノ人が心配……「好感度凋落」で薄氷を踏む思いか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』視聴率好調を潰すアノ人が心配......「好感度凋落」で薄氷を踏む思いかの画像1

 綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第4話が25日に放送。

 同ドラマは、波瀾万丈でワケありの過去を捨て、閑静な高級住宅街で新婚生活を送っている専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)が主婦たちのさまざまなトラブルを解決していくというストーリー。

 さすがは「視聴率女王」というべきか、初回が11.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)とまずまずのスタートを切り、その後11.3、12.4と好調を維持している。上昇の気配さえ感じさせるのだから、近年の右肩下がりが定番のドラマ状況を考えると、やはり優秀だ。

「ポップな雰囲気の割に次々と起こる主婦のトラブルはなかなかにヘビーで、真剣に見てしまう視聴者は多いようですよ。今のドラマ界といえば新垣結衣さんがとにかく数字を持っている印象ですが、やはり綾瀬さんも負けてはいないということでしょうか。

キャスティングも豪華ですし、基本的には1話完結で見やすいのもあると思います。今後にも期待大ですね」(記者)

 夫を演じる西島秀俊が明らかに「怪しい」など、主要なストーリー以外にも見どころが多く、視聴者としても目が離せない部分もありそう。「綾瀬×日テレ」の強さはいまだ健在というわけだ。

 ただ、「アノ女優」の存在が、やはり最後まで足かせになりそうという声も……。

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』視聴率好調を潰しそうなアノ人が心配……「好感度凋落」で薄氷を踏む思いかのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!