NEW

【スワンS(G3)展望】牝馬同士の熱戦となるか?レッツゴードンキが3歳牝馬を迎え撃つ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スワンS(G3)展望】牝馬同士の熱戦となるか?レッツゴードンキが3歳牝馬を迎え撃つ!の画像1

 今週の土曜日に京都競馬場で行われるメインレースは、マイルCS(G1)への大事なステップレースとなるスワンS(G2)。重要なレースでレッツゴードンキと、ハイレベルと言われてきた今年の3歳牝馬の世代を超えた初対決が実現する。

 すっかりスプリンターとしての姿が板についてきたレッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田厩舎)が、マイルCS(G1)の前哨戦となるこのレースに出走してきた。しかしながら今年の最大目標を香港スプリント(G1)に定めているようで本番へと向かうことはなさそうだが、相手関係を見れば面白いレースとなりそうだ。前走のスプリンターズS(G1)では休養明けのレースで急仕上げながらも2着の成績を残した。疲労が心配されたが調教を順調にこなしており、体調面は万全なようである。2年前の桜花賞(G1)を制している実力馬だけに本番での走りも見てみたいが、今年の高松宮記念(G1)とスプリンターズS(G1)で連続2着と悔しい思いをしたスプリント戦での称号を、何とか手に入れて欲しいところだ。京都牝馬S(G3)を快勝した相性のいいコース、斤量も前走より1kg軽くなるとなれば今年2勝目のチャンスは十分ある。近5走の成績を見るとヴィクトリアマイル(G1)での11着以外は4連対と抜群の成績を残す安定感を、このレースでも見せることはできるだろうか。

 函館SS(G3)を勝利したジューヌエコール(牝3、栗東・安田厩舎)は久しぶりの実戦となるが、侮れない存在だ。函館SS(G3)をレコードで勝ち、スプリンターズS(G1)でも有力な1頭として期待されたが、蹄を痛めて無念の回避となってしまった。前走からは200mの距離延長となるが1600mのデイリー杯2歳S(G2)や1400mの新馬戦、ききょうS(OP)を勝利しているだけに、距離に対する不安はほとんどないだろう。斤量は前走から2㎏増となるが、それでも3歳牝馬ということで恵まれており影響は少ないはずだ。見事に復帰戦で勝利を収めて秋の大一番であるマイルCSへいい形で繋げたいところ。

 1400m戦で3勝を上げているカラクレナイ(牝3、栗東・松下厩舎)は得意の距離での重賞2勝目を狙う。未勝利戦から3連勝でフィリーズレビュー(G2)を勝利し、桜花賞(G1)でも4着と好走した。しかし、続くNHKマイルC(G1)では1番人気になりながら17着と精彩を欠いていた。前走のローズS(G2)ではさらに距離を延長して1800mに果敢に挑戦したがここでも14着と大敗を喫した。この馬にとって今回の距離短縮はいい結果をもたらす要因となりえるだろう。得意の距離での軽いハンデとなれば格上が相手でも通用する可能性はあるはずだ。

 怪物の娘として名を上げていたミスエルテ(牝3、栗東・池江厩舎)の巻き返しはあるだろうか。牡馬にも負けないと強気で挑んだ朝日杯FS(G1)では4着、ぶっつけ本番となってしまった桜花賞(G1)は11着、3度目の正直を狙ったNHKマイルC(G1)でも7着と近走の成績はイマイチ。激しい気性が災いし能力を出し切れていない印象だが、このまま終わるとは到底思えない。夏を越して馬体だけでなく気性面での成長があれば、昨年のような活躍をすることは間違いない。

 このほかでは高松宮記念(G1)を制したセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原厩舎)、現在3連中の上り馬であるサングレーザー(牡3、栗東・浅見厩舎)など注目馬は多い。

 メンバーの中での実績を考えるとレッツゴードンキが中心となるのは間違いないが、評判の高い3歳牝馬がどこまで通用するのかも楽しみだ。牝馬同士の決着となるのか、または牡馬が意地を見せるのか。注目のレースは28日(土)15時35分に京都競馬場で発走予定となっている。

【スワンS(G3)展望】牝馬同士の熱戦となるか?レッツゴードンキが3歳牝馬を迎え撃つ!のページです。GJは、競馬、スワンSマイルCSレッツゴードンキの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!