NEW

「疑惑」キタサンブラックに武豊騎手が「内枠」要求!? 天皇賞・秋(G1)だから当然も「JRA」の”意思”は?

【この記事のキーワード】

, ,

「疑惑」キタサンブラックに武豊騎手が「内枠」要求!? 天皇賞・秋(G1)だから当然も「JRA」の意思は?の画像1

「もし、希望が叶うなら内がいいですね」

 25日、天皇賞・秋(G1)に出走するキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)の共同記者会見に挑んだ武豊騎手の口から、こんな言葉がこぼれた。

 無論、「東京2000mは、どうしても内枠の方がレースを組み立てやすいですから」と言葉が続いたが、G1・5勝を始め数々の栄光を勝ち取ってきた裏で、ずっと”疑惑”が付いて回っているキタサンブラックだけにファンからすれば、どうしても「それ以上の意味」を勘ぐってしまう。

 というのもキタサンブラックは昨春、武豊騎手とコンビを組むようになってから、スター街道を歩んできた一方で、とにかく「枠順」に恵まれてきた馬でもあるからだ。

 実際に武豊騎手とコンビを組んで初のG1制覇となった2戦目の天皇賞・春以来、キタサンブラックは5戦して4度の「1枠1番」という極端に恵まれた枠順で昨シーズンを終えている。仮に1レースが18頭で行われているとして、ここで5回中4回最内枠に入る確率を計算するつもりはない。だが、少なくとも昨年末の時点で、ネット上を中心に本馬の枠順決定に対する”疑惑の声”が上がり始めていたことは事実だ。

 何故なら、キタサンブラックが活躍することは、中央競馬を執り仕切るJRA(日本中央競馬会)にとっても都合が良いからだ。

「疑惑」キタサンブラックに武豊騎手が「内枠」要求!? 天皇賞・秋(G1)だから当然も「JRA」の”意思”は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!