NEW

アニメ市場規模「2兆円」突破はパチンコありき? 新規開拓「エンタメ業界」に参入も大惨事確定のワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アニメ市場規模「2兆円」突破はパチンコありき? 新規開拓「エンタメ業界」に参入も大惨事確定のワケの画像1

 2016年度アニメ産業の市場規模が初の「2兆円」を突破したことが「www.fnn-news.com」の調査で分かった。

 内訳を見ると、最も売り上げたのが「海外での売上」。その金額は脅威の「7676億円」と外国での人気の高さが伺える。その要因には、世界中で大ヒットした映画『君の名は。』の影響が大きいようだ。その次に「アニメグッズ」の「5627億円」。そして、売上第3位にランクインしたのが「パチンコ・パチスロ機」。その金額は「2818億円」とのこと。

 昨今のパチスロ・パチスロ機は「アニメコンテンツ」とのタイアップ機がほとんどを占めており、パチンコ業界にとって「必要不可欠な存在」となっている。その結果、萌えキャラが多く描かれたスロット「萌えスロ」は、多くの新規ユーザーを取り入れたことは間違いないだろう。

 その代表的機種と言えば、声優の田村ゆかりや釘宮理恵など、豪華声優陣を起用した『快盗天使ツインエンジェル』シリーズ、萌えキャラパチスロの先駆け『Rio』シリーズだといえる。また、これらはパチスロのオリジナルコンテンツにもかかわらず”逆輸入”という形でアニメ化され、大きな注目を集めた。

 このようにアニメ業界・パチンコ業界は相互に利益をもたらす密接な関係だといえる。そんな中、パチンコ業界は新たな新規開拓に向け、以前から着々と動き出している。それが、ドラマや映画といった「エンタメ業界」だ。

 今年7月、パチンコメーカー「サミー」とフジテレビが異世界バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』の共同制作が決定。また、今月26日から動画配信サービスFOD(運営・フジテレビジョン)で放映開始することが今月24日に発表された。注目すべきキャストは、主人公に俳優の柄本佑、ヒロインにモデルで女優の久松郁実が務める。その他に、個性派俳優の古田新太や、内山理名、宇梶剛士という豪華な顔ぶれとなっている。

 このような異業種同士のタッグに「大きな効果が得られるのでは」と期待する声が挙がっているが、不安視する声の方が多いようだ……。

アニメ市場規模「2兆円」突破はパチンコありき? 新規開拓「エンタメ業界」に参入も大惨事確定のワケのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!