NEW

パチンコ適合率アップは悲報? 駆け込み申請に潜む「ウラ事情」によって「チキン台」続出の予感……

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ適合率アップは悲報? 駆け込み申請に潜む「ウラ事情」によって「チキン台」続出の予感......の画像1

 8月の保通協型式試験で、適合率30.8%と今年最低を更新していたパチンコ。規則改正となる「2月までに新台は少数しか出ないのでは?」という不安の声も聞こえていた。

 しかし、9月の適合率は前月対比で約15%アップの45.2%と上昇。受理件数は前月比4件増の74件であったと保安通信協会(保通協)が公表し話題になっている。

 ビッグコンテンツの開発も噂されていた状況。この結果に安堵したユーザーは多いかと思えるのだが……。

「適合率が上がったという事実を、手放しに喜ぶことはできませんね。どのメーカーも期限までに適合させたいと必死になっていて、保通協には凄まじい数の機種が持ち込まれている状況です。厳しい倍率を勝ち抜いて申請をするわけですから『必ず適合させなければならない』と考えるでしょう。結果として”無難”なスペックを持ち込んでいるメーカーが増えているだけという可能性も……。

 純増30個の破壊力が話題になった『桃剣斬鬼』も事前の評価は高かったですが、辛すぎるスペックを敬遠するユーザーが続出しています。『振り分け見ただけで打ちたくなくなる』『319で出すスペックじゃない……』という、スペック面を批判する声が多いようです。スペック次第では快進撃もあったと思える機種だけに、残念に感じてしまいますよ。

パチンコ適合率アップは悲報? 駆け込み申請に潜む「ウラ事情」によって「チキン台」続出の予感……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!