NEW

『平和』業績予想「-400億円」に激震……カジノ進出果たす「サミー」「ユニバ」業界制圧待ったなしか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『平和』業績予想「-400億円」に激震......カジノ進出果たす「サミー」「ユニバ」業界制圧待ったなしか?の画像1

 あの老舗パチンコメーカーが窮地に立たされた――。

 大手パチンコメーカー「平和」が2018年3月期の業績予想の下方修正について、株式投資の総合サイト「minkabu PRESS」が報じた。

 記事によれば、売上高を1752億円から1324億円へ、営業利益を321億円から115億円へ、そして最終利益は「前年度83.7%減」の208億円から44億円へ、それぞれ減額したのこと。その修正理由に、平和HP「業績予想の修正に関するお知らせ」によると、遊技機規則の改定(5号機から6号機へ)による先行き不透明感の高まり、パチンコ店の需要が実績あるシリーズ機にのみ集中し、その他タイトル機種の販売状況が低迷している点を挙げた。

 また業界の急激な変化に備え、販売スケジュールを見直した結果、販売台数の見込みをパチンコ機は18万台から11万5000台へ、パチスロ機を6万台から1万7000台に修正したことも発表した。

 平和は1949年創業の老舗メーカー。ヒット機種には「麻雀物語」「戦国乙女」シリーズなど販売。平成27~28年の売上高は「2149億円」とパチンコメーカー内のトップに君臨した。またパチンコ製造事業の他に、ゴルフ場を保有・運営を事業とする会社「PGMホールディングス」を2011年に買収するなど「総合レジャー企業」を目指すトップメーカーだ。

 そんな大手メーカーの業績低迷にユーザーからは「自業自得」「手抜きばっかしているだろ」と厳しい意見が目立つものの、出玉性能が大幅に抑制された「5.5号機」の開始。10月から開始された「3000枚リミッター」搭載の「5.9号機」など、出玉規制の余波が大きいことは間違いないだろう。この厳しい状況下を予想し、大手メーカーは新規事業の開拓に向け、既に世界進出を果たしている。それが一日で”100億円以上”の金が動くといわれる賭博施設「カジノ」だ。

『平和』業績予想「-400億円」に激震……カジノ進出果たす「サミー」「ユニバ」業界制圧待ったなしか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!