NEW

綾野剛星野源『コウノドリ』最大のアキレス腱は「本」か……一度の失敗で一気の「視聴者離脱」可能性十分

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綾野剛星野源『コウノドリ』最大のアキレス腱は「本」か......一度の失敗で一気の「視聴者離脱」可能性十分の画像1

 27日に第3話が放送される綾野剛主演『コウノドリ』(TBS系)。初回、2回は2ケタ視聴率をキープしているが、ここへきて「不安」が聞こえている。

 産科医の日々や葛藤をリアルに映し出す良作として、ファンも非常に多い『コウノドリ』。視聴者満足度も大変に高い分、厳しい目で見られるのも事実だ。特に今回はシーズン2。1のよさを引き継げるのかにも注目が集まる。

 キャスティングは前シリーズからほとんど変化はなく、それが視聴者にとっての安心感につながっているのは間違いないだろう。不自然なキャスト変更はファン減少の理由にもなるが、同作にその心配はない。

 ただ、「すべて」に変化がなかったわけではない。そしてそれが、今作最大の「アキレス腱」となり得る。

「脚本家です。シーズン1では山本むつみ氏、坪田文氏が担当しましたが、今回は『3人』。前作で2話分だけ担当した坪田氏と、矢島弘一氏、吉田康弘氏が加わっています。

坪田氏は『半沢直樹』など大作も手がけていて不安は少ないでしょうが、矢島氏はドラマ『残酷な観客達』(日本テレビ系)が酷評され、吉田氏も過去作品には賛否両論が多く、当たり外れがあるとのこと。1話は坪田氏、2話は矢島氏が担当して問題はなかったようですが、回を追う毎に”ボロ”が出る可能性もありますね……」(記者)

綾野剛星野源『コウノドリ』最大のアキレス腱は「本」か……一度の失敗で一気の「視聴者離脱」可能性十分のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!