NEW

天皇賞・秋は清宮幸太郎「サイン」で武豊キタサンブラック盤石!? 奇跡の大逆転には22年ぶりの悲願を狙う「あの大穴馬」が急浮上!?

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・秋は清宮幸太郎「サイン」で武豊キタサンブラック盤石!? 奇跡の大逆転には22年ぶりの悲願を狙う「あの大穴馬」が急浮上!?の画像1

 29日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)は、例年以上の好メンバーが揃ったこともあり、戦前から大きな注目を浴びている。

 とはいえ、本命のキタサンブラックは前走の宝塚記念でまさかの敗戦を喫しており、対抗のサトノクラウンはここ2年の天皇賞・秋で大敗続き。3歳牝馬として唯一の参戦となったソウルスターリングも、前走の毎日王冠で古馬の洗礼を受けている。ハイレベルなメンバー構成ながら、皆どこかに一長一短を抱えている混戦模様といえるだろう。

 その上に、週末は台風22号の影響もあって雨模様。先週の菊花賞では歴史的な不良馬場となり、レースも大荒れ。1番人気のキセキが勝利しながら、3連単は55万9700円を記録する大波乱となった。

 だが、その一方でサイン的にはキセキ→クリンチャーと、菊花賞の「キ」と「ク」が並んだだけという単純な結果。馬単は1万5890円ついた。難しく考えることをあえて放棄し、サイン馬券に身を委ねた人が勝つことも、競馬には往々にしてある。

 ならば今週も「テン→ノウ→ショウ」と行きたいところだが、そう上手くは行かなさそうだ。だが、時事が大きく作用することが多いサイン馬券で、今週は世間の大きな関心を集めた「歴史的な出来事」があった。

 高校野球通算で史上最多の111本塁打を誇る清宮幸太郎選手のドラフト会議である。

天皇賞・秋は清宮幸太郎「サイン」で武豊キタサンブラック盤石!? 奇跡の大逆転には22年ぶりの悲願を狙う「あの大穴馬」が急浮上!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか